HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

帰ってきたウルトラマン

ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン4

デットン③
「デットン」

怪獣魔境ということでサドラとの共演になった解呪デットン。
1体だけでなく、複数体解呪が出てくると当時は喜ばしいことと思い、楽しみにしていたことを思い出します。
怪獣番組の面白味を増やす方法として、当時は何もなかった時代でしたから、何体もの怪獣を出してくることはよくあったと思います。
ウルトラ第1期から第2期初期までは、怪獣の着ぐるみの出来がかなり良く、だからこその楽しみになっていたことも忘れてはいけません。
以前登場した怪獣が何らかの形で再登場を果たすのは、今では珍しいことではありませんけど、当時は特に大人気となった怪獣ならいざ知らず。、そうでもなかった怪獣が陽の目を見ることは少なかったと思います。
ただ、造形が良かったこの頃の怪獣は、折からの人気でアトラクション等に使われたことも多く、着ぐるみにはボロが出て、再登場には使えないという事情がでていました。

怪獣魔境に出てきた怪獣サドラという帰ってきたウルトラマンのオリジナル怪獣は、怪獣魔境というタイトルの通りもう1体怪獣が出てくることは当初から決まっており、それは以前の怪獣の再登場であったらしいです。
初代ウルトラマンに出てきたテレスドンは地底人に操られていた地底怪獣でしたけれど、怪獣魔境に出てくる怪獣の1体はその地底から現れるというものであったらしく、そこでテレスドンの再登場が検討されたそうです。
でも、今でもひそかに人気のあるウルトラファイトの中でも貴重なキャラクターであり、しかもアトラクションでよく使われたため、テレスドンの着ぐるみは原型をとどめないほど、酷い状態になっていたそうです。
ウルトラ第1期から第2期初期登場の怪獣たちは再登場を前提として作られてはいなかったため、どの怪獣をとっても保存状態は酷かったために、他の怪獣の着ぐるみを使うということは考えられなかったそうですね。
で、テレスドンの着ぐるみの補修を繰り返していった結果、外見上他の怪獣のように見えてしまったのがデットンでした。
デットン④
直線的なイメージが強かったテレスドンに対し、ボコボコと団子状のイメージがあったデットン。
特に頭部に丸みを感じたデットンは、確かに当初テレスドンとは別怪獣で、同じ着ぐるみを使った怪獣には見えませんでした。
でもこれが良かったようにも思えます。
サドラが蛇腹のような身体に鋏をつけたような怪獣なら、デットンは団子状の芋虫のような怪獣。
デットンが猫背であったためにサドラとは対のように見えて、ここに怪獣魔境というタイトルの効果があったようにも見えました。
テレスドンのように火を吐くこともなく、デットンの武器はとんでもない怪力であり、サドラにも鋏位しかこれといった武器がなかったことと合わせても、当時の怪獣たちの匂いがプンプンします。
 
帰ってきたウルトラマンには適わないとみて逃走を図ろうとし、背後を見せようとしたところにスペシウム光線を浴びて倒されましたけど、もっと見ていたかった怪獣には違いがありませんでした。
デットン①

RAH リアルアクションヒーローズ 帰ってきたウルトラマン 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥17,450から
(2017/10/16 21:55時点)



リアルマスターコレクションPLUS 帰ってきたウルトラマン 約29? ショウネンリック限定商品

新品価格
¥25,000から
(2017/10/16 21:56時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 帰ってきたウルトラマン Ver.2.0 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥98,000から
(2017/10/16 21:56時点)


ウルトラブレスレット~帰ってきたウルトラマン5

ウルトラブレスレット
「ウルトラブレスレット」

鮮烈でしたね。
初めてウルトラブレスレットが登場した時は。
宇宙怪獣ベムスターに、全ての攻撃技を封じ込められた帰ってきたウルトラマンは、太陽エネルギーを吸収しようとして太陽に近づきすぎてしまい、その引力圏に引き込まれそうになったとき、ウルトラブレスレットを携えてやってきたウルトラセブンに救い出されました。
そのウルトラセブンから与えられた万能武器が、ウルトラブレスレットでしたね。
本来通常はスティック状で扇が若干開いているような形状でしたけど、まだ帰ってきたウルトラマンの頃はアイテムを携えている姿がほとんど描かれていない時代だったこともあって、このウルトラブレスレットを帰ってきたウルトラマンがどう装着するのかなというところに最初の興味が行きました。
スティック状の武器が腕輪のように変形して帰ってきたウルトラマンの左手首に装着されるのは」、意外と驚きでしたし、実に似合っていたと思います。
ウルトラブレスレット②
スティックが腕輪に変形するのですから、このウルトラブレスレットが武器化するときは更に姿形を変えてくるだろうと思いましたけど、この武器への変形はウルトラブレスレットの最大の能力が発揮される切断に想いきりこ効果を上げるウルトラスパークになっていました。
必殺アイテムと言えば、ウルトラセブンのアイ・スラッガーがあったものですから、ウルトラブレスレットも切断に使うための武器と考えられがちで、このウルトラスパークがそのままウルトラブレスレットだという印象がありました。
けれど、帰ってきたウルトラマンを見ていくと爆弾になったり,光線を浴びせたりという攻撃技だけではなく、ディフェンダーになったり湖の水を徐発させてしまったりと防禦面での効果も絶大で、時にはバラバラになってしまった帰ってきたウルトラマンをもとの姿に戻すというとんでもない側面も見せていました。

いわゆる万能武器だったわけですけど、ウルトラセブンが脳波によってアイ・スラッガーを操っていたように、ウルトラブレスレットも帰ってきたウルトラマンの脳波コントロールを受けていましたね。
脳波コントロール以上に帰ってきたウルトラマンの気を映したようなウルトラブレスレットは、帰ってきたウルトラマンと一心同体となっていました。
帰ってきたウルトラマン自身が光の超人でしたから、一心同体となったウルトラブレスレットの効果はあらゆる超人の意図以上のものが出ていたのかもしれません。
某誌によればウルトラブレスレットはゾフィが開発したモノらしいですけど、ゾフィが想定していた能力以上のものが出ていたのではないかと思われますね。
実際、ゾフィだけの開発ではなく、光の国の化学者の意図が働いて開発されたものだと思われますが、それが帰ってきたウルトラマンの手に渡ったことで、まるで主の元にやってきた万能武器のようでもありました。

思うに帰ってきたウルトラマンの元は、初代ウルトラマンの再来のようであったものの、初代ウルトラマンとは別人という設定でしたから、必殺技に関してもスペシウム光線だけでは区別がつきづらいというところから設定されたものではないでしょうか。
ウルトラマンという冠をしょっている以上、スペシウム光線はなくてはならないものではありましたけど、もう一つのインパクトを与えるもの、、、
それがウルトラブレスレットだったと言うことにならないんでしょうかね。
ウルトラブレスレット①

RAH リアルアクションヒーローズ 帰ってきたウルトラマン Ver.2.0 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥202,317から
(2017/9/22 23:55時点)



大怪獣シリーズ 帰ってきたウルトラマン スタンディングポーズ (PVC製塗装済み完成品一部組立て式)

新品価格
¥29,800から
(2017/9/22 23:56時点)



ウルトラ超合金 帰ってきたウルトラマン

新品価格
¥6,300から
(2017/9/22 23:56時点)


ウルトラ怪獣第4号:帰ってきたウルトラマン~サドラ4

サドラ③
「サドラ」

サソリがモチーフの怪獣がサドラでした。

ウルトラシーズに出てくる怪獣は、当初、日や煙を吐くという設定がない怪獣が多く、一つは初代ウルトラマンに登場した怪獣がバラエティに富んでいたこと、そしてウルトラセブンの主題歌で、♪ 火を吐く大怪獣 ♪と歌われたことで否が応でも怪獣は火を吐くというイメージが定着し、そこからさまざまな武器を持つ怪獣が創出されて行ったと思います。
それでも純粋に怪獣という設定ならば、持ってる武器・能力は一つという感じでしたね。
だから怪獣に能力を一つ持たせるにしても、何を持たせるか、どんな具合に見せるのかということが大きなポイントとしてあったわけで、そのため鮮烈なイメージがある武器を持っている怪獣は少なかったと思います。
ウルトラセブン以来、数年ぶりで帰ってきたウルトラマンが出てきた時、主人公であったウルトラマンを初代ウルトラマンをモチーフにしながらもどんなスーパーHEROにするのかにポイントが行き過ぎて、肝心の怪獣の設定が疎かになりそうなところもありました。
ただ、武器や能力という前にその存在感が独特であったため、帰ってきたウルトラマン当初の怪獣たちは、どれも記憶に残る怪獣たちでした。

サドラは、霧吹山という霧に覆われた山々の中に棲息していた知る人ぞ知るという感じの怪獣で、そのなかには怪獣デットンもいました。
霧が深いため、怖いもの見たさの登山家が霧吹山の登山に挑戦し、挑戦する度に濃くなる霧に視界を遮られ、磁石は役に立たなくなるため、サドラを視界に入れた恐怖感で崖から墜落し、或いはサドラの餌食になっていたようです。
人を捕食していたのかもしれず、時にはサドラの両手先についていた大きな鋏の餌食になっていたのかもしれません。
サソリのような身体は関節が無数にあるようで、霧に隠れた山々の影に潜むのには格好の能力だったかもしてません。
動くものに好戦的であったかもしれず、そのための鋏と牙、そして獰猛さがサドラの武器であり、身体から離れる武器を持つという設定はありませんでした。
そうした武器がないからこそ、少ない武器と霧の中に確かに潜む存在感がサドラの大きな特徴であり、ウルトラシリーズ当初に見られた怪獣の特徴がよくあらわされた怪獣でもありました。
確かなことではありませんが、サドラが潜んでいた霧吹山の霧はサドラの身体から出ていたのいたのかもしれず、霧吹山の登山に挑戦した者で帰ってくる者がいなかったのは、この霧がサドラの身体から噴射されていたのは毒性があったのかもしれません。
サドラのモチーフはサソリにあったのですから、そういうことがあっても不思議なことではありませんんね。

帰ってきたウルトラマンは初代ウルトラマンの再来であり、使う技も同じようなものが多かった中、八つ裂き光輪(ウルトラスラッシュ)が使われたのは、このサドラに対してだけであったことも見逃せない大きな要素でした。
サドラ⑤
サドラ

CCP 佐竹雅昭 怪獣コレクション Vol.001 岩石怪獣サドラ (ノーマル) 赤茶

新品価格
¥9,800から
(2017/8/14 23:15時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 帰ってきたウルトラマン Ver.2.0 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥202,317から
(2017/8/14 23:16時点)



大怪獣シリーズ 帰ってきたウルトラマン スタンディングポーズ (PVC製塗装済み完成品一部組立て式)

新品価格
¥29,800から
(2017/8/14 23:17時点)


マットアロー1号5

マットアロー1号⑤
「マットアロー1号」

帰ってきたウルトラマンについては、メカニックも注目してました。
初代ウルトラマンの時の科学特捜隊はジェットビートルがありましたけど、見た目然程の大型戦闘機という気がしなかったものの、科学特捜隊のメンバー全員以上の搭乗が可能でした。
ウルトラセブンの時のウルトラ警備隊にはウルトラホーク1号があり、これは分離可能の大型機でありましたけど、見た目以上の大型戦闘機でした。
ウルトラシリーズでメカにも力を入れたのはウルトラ警備隊からでしたし、ビジュアルは大変に美しく、見た目で惚れ惚れしていました。
だから、帰ってきたウルトラマンでも期待してたのですけど、特にマットアロー1号には目が惹かれました。
帰ってきたウルトラマンのMATの各メカには、大型機という何人も登場可能のメカが採用されず、どれも小型から中型といった大きさで、特に車両であったマットビハイクルは小さな車両でした。
これも時代が反映していたのかもしれませんが、マットアロー1号は単座から複座のものがあって、それでも2,3人しか搭乗可能ではありませんでしたね。
マットアロー1号は、分離可能機ではありませんでしたから、ウルトラホークの後継というよりはジェットビートルの後継という感じが強く、それでいて、戦闘模様はウルトラホーク1号の時を連想させられました。
多分、物語は別に設定されていたのですけど、超攻撃的組織としては科学特捜隊、ウルトラ警備隊、そしてMATと連続していたのでしょうから、マットアロー1号のモデルとなったのはジェットビートルだと思われ、装甲的にはジェットビートルの強化番だったかもしれません。

全長:15m 全幅:14m 重量:15t 最高速度:マッハ5で、垂直離着陸(VTOL)機能を持っていました。
両翼にはミサイルとバルカン砲が設置されており、確か途中からロケット砲の装備も施されていました。
艦首からにはレーザー砲発射機能もありましたけど、機能的にはジェットビートルやウルトラホークと変わらないように見えましたけど、足回りがいいというか大空を駆りながら、谷合の小回りの利いた飛行能力にも長けていて、組織の主力戦闘機という見方を変えてくれていたようにも思いました。
マットアロー1号は隊長機があって、艦首に黄色いマークが施され、隊長専用機という設定はこのマットアロー1号が初めてでしたね。
大型機に乗り込んだ隊員のリーダーとして指揮を執るという形態より、戦闘機の乗り回しで先頭形態の士指揮を執るという面白い設定でしたね。
MATも隊長の存在感が強い組織でしたから、考えてみれば隊長専用機がそれまで設定されていなかったのも不思議な感じがしますけど、それもMATだけでしたから、やっぱり時代のなせる技だったかもしれません。

それにしてもマットアロー1号のフォルムは美しく、もっともっと番組的には見せ場があってもよかったような気がしてましたね。
マットアロー1号②
マットアロー1号⑥

EX合金円谷メカシリーズ マットアロー1号 スペースアロー

新品価格
¥86,000から
(2017/8/6 22:49時点)



WAVE 帰ってきたウルトラマン 1/72 マットアロー1号 隊長機

新品価格
¥5,500から
(2017/8/6 22:50時点)



帰ってきたウルトラマン Blu-ray BOX

新品価格
¥38,239から
(2017/8/6 22:51時点)


ウルトラ怪獣第3号:帰ってきたウルトラマン~アーストロン4

アーストロン③
「アーストロン」

ザザーン、タッコングと非常にユニークな怪獣が、帰ってきたウルトラマン第1話には出ていました。
これらの怪獣は帰ってきたウルトラマンとは戦わずして、ザザーンはタッコングに打ちのめされ、そのタッコングは海中に姿を消しました。
だから、帰ってきたウルトラマンと初めて戦った怪獣はアーストロンということになります。
このアーストンに関しては、酢の姿形がユニークだったザザーンとかタッコングと違って、怪獣の王道を行くような姿をしてましたけど、企画の段階ではいろいろな紆余曲折があったみたいです。

帰ってきたウルトラマンは、ウルトラセブン以来の何年か振りのウルトラ戦士でしたが、まさしく人間ドラマのような重厚な番組設定は、そのまま帰ってきたウルトラマンにも取り入れられようとしていたようです。
キングザウルスⅢ世の時の流星キックは、一キングザウルスⅢ世に敗れた帰ってきたウルトラマンが人間体に戻った時、様々な思考の結果訓練と鍛錬によって編み出された技ですが、この展開はアーストロンの時に使われようとしたらしいです。
怪獣の王道を行くということは、それだけアーストロンが強力に設定されようとしたということで、その名残がアーストロンの吐くマグマ光線に現れていますね。
帰ってきたウルトラマン第1話には、ザザーンやタッコングが次から次へと現れ、しかも帰ってきたウルトラマン導入の説明もしなければならなかったため、企画の段階で設定されようとしたアーストロンは演じきれなかったようです。
よく見てみれば、アーストロンの身体は全体的に三角形をしており、思考をつかさどる脳は少ないけれど、地中を掘り進むための頭部の角をてっぺんに、下半身は強靭強力なものを感じる土台のようになっており、しかもその太くて強力な尻尾は帰ってきたウルトラマンをしっかり苦戦させていた代物でしたね。
形だけは、かのレッドキングのようで、それでいて恐竜然としたその身体は、これが怪獣なんだということをアピールしていたかのようでした。

この頭部の角はアーストロンがアーストロンたる象徴のようなもので、これがあったからこそ、実はアーストロンは地中怪獣であって強力なんだということになり、だけど、その角を捥がれれば急速に弱まってしまうという両刃の刃のようなものでした。
ただ、目が優し過ぎましたね。
強力だからこそ、何をしでかすか分からない要素をその目に持たせてほしかったと思います。

地中怪獣だからこそ、地中から現れて火山が噴火し、スペシウム光線を浴びてフラフラとなって噴火口へ落ちたことで最期を迎えたことは、いかにも強力怪獣らしい最後であり、帰ってきたウルトラマンが初めて戦った怪獣の最期としては見ごたえのあるものでした。
アーストロン⑥
アーストロン①

ウルトラ怪獣シリーズ20 アーストロン

新品価格
¥10,185から
(2017/6/16 23:32時点)



ウルトラ怪獣シリーズSP アーストロンスペシャル限定バージョン

新品価格
¥4,980から
(2017/6/16 23:33時点)



帰ってきたウルトラマン Blu-ray BOX

新品価格
¥38,239から
(2017/6/16 23:34時点)



エクスプラス 大怪獣シリーズ 帰ってきたウルトラマン (登場ポーズ)

新品価格
¥17,800から
(2017/6/16 23:35時点)


ウルトラ怪獣第2号:帰ってきたウルトラマン~タッコング5

タッコング
「タッコング」

ウルトラシリーズ第1期は怪獣ブームと相まってすごいインパクトがありました。
ウルトラHEROも怪獣もね。
情報量とメディアがとにかく少ない時代でしたから、同じ番組を同じような情報を得てみんな見ていた時代です。
それはウルトラシリーズ第1期も第2期も変わることはありませんでしたから、特に初代ウルトラマン放映の頃など街から子供が姿を消してしまい、夕方7時にはみんな家にいてTVを見ていたという状況でした。
それがよかったのか、その子供たちの親も自分の手元に子供がしっかりいてくれるという安心感と珍しいものに触れることができるという想いが強かったのか、確かにあのウルトラマンをまたやってほしいという声は、多くあったのも確かなことです。
そこで出てきたのが帰ってきたウルトラマン。
設定上は初代ウルトラマンと帰ってきたウルトラマンは別物でしたけど、TVのこっち側で見ようとしている者にとってはそこにこだわりがなく、とにかくあの憧れたウルトラマンがまた見ることができるという喜びが大きかったことはよく覚えていますね。
初代ウルトラマンが面白く引付けられたのは、そこに登場してくる怪獣たちもとっても個性的で独特のものがあり、言ってみれば一目見れば忘れられなくなる創意工夫があったということがあった身体という具合に思っていますね。

帰ってきたウルトラマンの序盤に登場していた怪獣にも、とにかく独創的でユニークなものが多く登場していました。
その代表格的な怪獣がタッコングだったと思うんです。
折からの公害問題は特撮の世界にも影響を与え、公害の影響で生態系にまで変異が訪れることになり、海藻が異常発達して怪獣化したザザーンが登場し、そのザザーンと戦っていたのがタッコングでした。
その大きな球体のような肉体は、身体中についていた吸盤からまるでタコが異常進化してしまった怪獣のイメージが強く、そこについていた手足や顔は申し訳なさそうに小さい物であったところが設定としては非常にユニークでしたね。
何故か石油が大好物で、公害はイタズラにタンカーで輸入されてプラントが作られて精製された石油の副産物として出てしまった汚物が人間をはじめとした生態系や自然の世界に大きく影響を及ぼしたんですけど、その生業の象徴の様であった石油が好物ということは、タッコングはそうしたことをアピールしようとして登場させた怪獣だったかもしれません。
タッコング②
ザザーンと戦っているタッコングの前に、まだ実体化する前の帰ってきたウルトラマンが出てきて7すぺしゅいむ光線を放って追い払いましたけど、実体化する前でしたから効き目が薄く、だけどその存在感を知らしめるためだけでも十分だったかもしれません。
ザザーンはタッコングによって葬り去られていましたし、帰ってきたウルトラマンと相まみえた怪獣はタッコングが最初だったように思います。
石油を食べて追い求める怪獣でしたから、ペスターのように豪快に火を噴くのかと思いきや、タッコングの口から吐き出されたのは石油。
大きな身体で暴れれば、何かしらの火で引火してしまうのは目に見えていました。
タッコングの身体の中には大量の石油があふれていたことを思うと、実体化した帰ってきたウルトラマンのスペシウム光線の敵ではなかった、そんな具合にも思えました。
タッコング④

怪獣26 タッコング

中古価格
¥5,050から
(2017/4/23 22:37時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 帰ってきたウルトラマン 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥33,127から
(2017/4/23 22:38時点)



帰ってきたウルトラマン Blu-ray BOX

新品価格
¥39,528から
(2017/4/23 22:39時点)


流星キック~帰ってきたウルトラマン5

流星キック
流星キック①
流星キック②
流星キック③
「流星キック」

帰ってきたウルトラマン放映の頃って仮面ライダー放映開始時期と重なっていましたから、当時は気になりませんでしたけど、新しい技やぶち当たった壁を破るための特訓・訓練てって仮面ライダーの専売特許だったような気がします。
ウルトラHEROって決め技に特殊光線を使うことが多く、それって超能力を有した超人・宇宙人だからできたこと様に思いますし、この技は身体の構造がそれをできる構造になっていないと発揮できないことのように思います。
飛行能力もそうですし、これって推進能力が信じられない位に発達し、そこには大気があろうとなかろうと無関係なことは宇宙空間まで飛んでいけることがその証拠でもあります。
人間の正義感や可能性のある未来を信じて、人間を守ろうとしたウルトラHEROは、それだからこそ人間に近寄ったような思いが出来上がっているところもあって、人間体である時は苦悩するところもありました。
苦悩することはあっても信じる思いは変わらずにいましたから、行動する行動性は一貫していました。
そこに超人としての超能力は効果を上げていましたけど、帰ってきたウルトラマンにおいては苦悩することと同じく、一旦敗れた怪獣に苦悩の末特訓して身体能力を上げる姿も描かれていましたね。
それが流星キックでした。

帰ってきたウルトラマンは当初、2匹の怪獣を同時に相手しなければいけない場面や怪獣の特殊能力に敗退を余儀なくされたことが結構ありましたね。
そこに苦悩や苦悩の末被さった壁を打ち破ろうとしたところにドラマ性の特徴が出ていたんですけど、キングザウルスⅢ世の時は局面打開のために特訓するシーンが盛り込まれました。
キングザウルスⅢ世は放射能を利した特殊バイアを身体の周囲に張り巡らし、帰ってきたウルトラマンのあらゆる光線技を跳ね返してしまう能力を有していました。
そこで考え付いたのが、微妙な高さから流れ星の如き速さで打ち込むキック技でした。
帰ってきたウルトラマンには飛行能力がありましたけれど、キック技とは飛行能力と切り離して考えないとその威力は発揮できません。
キック技が威力を発揮するには、強力な脚力に裏打ちされたジャンプ力と強靭な威力が必要不可欠です。
飛行状態からもキックは放てますが、それは飛行能力から発揮された急降下キックであり、間合いとキレを失わせます。
だから、ジャンプ力を身につけなければならず、単なるジャンプ力ではなくてキレありスピード感あり威力アリありの3拍子を揃えた者でなければなりませんでした。
これで開発された流星キックは、見事な高さと角度を有したものとなってキングザウルスⅢ世が特殊バリアを破棄する源となった2本の角をへし折りましたね。
これで戦意喪失状態となったキングザウルスⅢ世は、敗走するしかなくスペシウム光線で当然の様に倒されて行きました。

特訓の末発揮された流星キックのような肉体技は、この後多分ウルトラマンレオまで待たないと見られませんでしたから、すごく貴重な技になったような気がしますね。
流星キック④
流星キック⑥
流星キック⑦

大怪獣シリーズ 帰ってきたウルトラマン スタンディングポーズ (PVC製塗装済み完成品一部組立て式)

新品価格
¥29,800から
(2017/4/2 00:06時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 帰ってきたウルトラマン Ver.2.0 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥115,279から
(2017/4/2 00:07時点)



エクスプラス 大怪獣シリーズ 帰ってきたウルトラマン (登場ポーズ)

新品価格
¥12,800から
(2017/4/2 00:07時点)


ウルトラ怪獣第1号:帰ってきたウルトラマン~ザザーン3

ザザーン
「ザザーン」

帰ってきたウルトラマン放映の頃って、ゴジラはヘドラを迎えていた時代だったんですね。

初代ウルトラマンとウルトラセブンは、視聴率30~40%ものお化け番組だったこともあって、視聴者は子供だけではなく大人も数多く見ていたんですね。
怪獣そのもののデザインと造形、設定に見るものがあった初代ウルトラマン、物語というか時代を反映してメッセージ性の濃いドラマであったウルトラセブン。
このインパクトは相当なもので、いきなりこの2作品に代表されたウルトラ番組が終わってしまったことは落胆の程が大きく、またやってくれないかなと思っていたものです。
その思いは、リアルで初代ウルトラマンやウルトラセブンを見ていた子供たちだけではなく、一緒に見ていた保護者達からもシリーズ再開の声は大きかったと聞きます。
そこで企画されたのが帰ってきたウルトラマン。
最初からこのウルトラマンは初代ウルトラマンとは別人設定であったそうですね。
今ほど、情報量が極端に少なく、出回ることが少ない時代でしたから、初代ウルトラマンと帰ってきたウルトラマンが別だという設定は俺ほど知られることもなく、ひたすらまたウルトラマンが見られるということとどんな怪獣が出てくるんだろうということが前面に出てしまっていました。
要するにウルトラマンというWordとそこから連想される怪獣という存在みたいなものが、一人歩きしてしまっていたんですね。

そこで出てきたのが、ザザーンとタッコングの格闘。
怪獣番組というか正義のHEROが出てくる番組は戦闘シーンが最大のウリでしたから、このいきなりの演出には驚かされました。

時代は公害問題が最大の社会問題でしたから、かのゴジラにおいてもヘドラという公害の最たる象徴であったヘドロがモチーフであった怪獣が排出されましたけど、ザザーンも公害が生んだヘドロ怪獣というセッティングでしたから、当初はヘドラというネーミングが考えられていたそうです。
ヘドロに命火が灯り、海中にあった海藻類がまとわりついて怪獣化してしまったのがザザーン。
相手も郊外の影響でタコが怪獣化してしまったようなタッコングでしたから、一度期に公害怪獣を2匹出してしまったのが帰ってきたウルトラマン第1話となりました。
2匹同時に怪獣が出てしまう演出は帰ってきたウルトラマンには多かったのですが、まるで帰ってきたウルトラマンと絡まない、戦わずして終わってしまった珍しい怪獣がザザーンでしたね。
設定上は、ヘドロから怪獣が出てきてしまったことによる炭素ガスを吐くという設定もあったらしいですが、タッコングの怪力と体当たりで最期を迎えてしまったとは言え、そういう設定が使用されて戦う姿も見て見たかったと思います。

ネーミングもさざ波からもってきたような名前ではなく、ヘドラに負けないヘドロ怪獣らしいネーミングが欲しかったと思うし、そこにはもっとこだわりがあっても良かったと思いますね。
ザザーン②

帰ってきたウルトラマン Blu-ray BOX

新品価格
¥39,528から
(2017/3/6 22:47時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 帰ってきたウルトラマン 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥33,127から
(2017/3/6 22:49時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 帰ってきたウルトラマン Ver.2.0 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥115,279から
(2017/3/6 22:49時点)


プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ