HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

怪魔異生獣

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

クライシス怪人第17号~ムサラビサラ3

ムサラビサラ②
「怪魔異生獣ムサラビサラ」

仮面ライダーBlackRXに登場した怪魔異生獣ムサラビサラは、ムササビを意識した怪人でしょう。
クライシス帝国自体が地球環境と酷似しながら異世界であるという事を意識したために怪魔異生獣はどれも地球上の生物に酷似していました。
これも怪魔異生獣こそが歌人たる所以かもしれません。
ムサラビサラは、普段はムササビと化して潜み、夜になると正体を現して牙で噛みついて毒を注入し、毒の感染者を増やして全地球人を「ムササビ症候群」にして滅亡させることを使命としていたようですが、かなり無謀な設定でした。

ムササビはそれほど夜行性でもなく、毒も持っていませんでしたから、ここはムササビ症候群に結び付けるための独特の設定でしょう。
ムササビとくれば、小野穂手の部分が強い翼を広げての架空能力で、飛行能力がなかった歴代の仮面ライダーは皆、空中戦に持ち込まれていた時は苦戦していましたから、仮面ライダーBlackRXを苦戦させてほしかった気もします。
どうしてもムササビとくればショッカー改造人間のムササビードルを思い出しますが、ムササビードルはすごい速度での架空能力でスリップストリームを生み出し、仮面ライダー2号がとんでもないライダージャンぷを見せなければ危うかったかもしれません。
ムサラビサラは怪魔異生獣の意識が強すぎて、ムササビ症候群を引き出すための毒素に主眼が置かれ、そこに仮面ライダーBlackRXはバイオライダーにもなれることを強調させることでムササビ症候群に対する血清を作り出すというとんでもない能力まで披露していました。
目からの光線や火を吐くことなどは、クライシス怪人ならではのことだったと思いますが、せっかくの珍しいムササビを意識したクライシス怪人でしたから、その優れた滑空能力を主っと強調してもよかったような気がしました。
ムササビ症候群に罹患した人々の様子を見ると、どこか仮面ライダーXでの神話改造人間以下イカルスの話を思いだしてしまいます。
ムササビを取りととらえるにはイメージ的にも無理があったと思いますから、ムラサビの変形としてももっと架空能力に焦点を充ててもよかったのではなかったのかなと思いますね。
ムサラビサラ①




S.H.フィギュアーツ バイオライダー & マックジャバー セット

新品価格
¥15,000から
(2019/9/19 22:08時点)


クライシス怪人第13号~フラーミグラーミ3

フラーミグラーミ
「怪魔異生獣 フラーミグラーミ」

怪魔界と地球上の現実はどう違うのだろう、ということは、仮面ライダーBlackRXを見始めた時からの違和感みたいなものでした。
クライシス怪人が徐々に登場してくるにつけ、その上司である四大隊長の差が激しいものであって少しずつ垣間見えるようになりました。
これは別の世界で、怪魔界に住む者というより支配してる者が地球に乗り込んでくるという類で、それは正に侵略しようとしていることだっただろうと思います。
侵略とは自分がいた世界の範囲を無造作に広げようとするものでしたけど、クライシス帝国は自らの世界の滅亡を目の前にして地球に乗り込んできてしまい、果ては怪魔界と地球上の世界を置き換えようとしました。
フラーミグラーミが登場した話は、その異なる2つの世界の置き換えを図ろうとして、怪魔界と地球を入れ替える次元転換装置を起動させるためのGクリスタルを巡る攻防でした。
Gクリスタルを開発した科学者は、異なる世界の入れ替えを知らずか反対していたため、クライシス帝国側は力づくというより騙しによる懐柔を図ろうとして、クラゲのような井出たちのフラーミグラーミを使わしました。

フラーミグラーミは怪魔界のクラゲのような身体のほとんどが水分である軟体獣だったかもしれません。
自分の姿自在に姿を隠す事というより保護色化し、姿を消して敵の不意を突いて伸縮自在の触手と、触手から放つ電撃で攻撃能力がありましたが、よくよく考えてみれば大隊長ゲドリアンの配下にいた怪魔異生獣で、言われるままの思慮不足で、持って生まれた、或いは植え付けられた特殊能力もわずかな隙を作ってしまい、そこを仮面ライダーBlackRXにつけ込まれてしまった感じでした。

次元転換装置は世紀の大発明ではありましたけど、2つの世界をつなげてしまえば2つの世界が大爆発を起こして無に帰してしまうという代物で、それを面ライダーBlackRXに叫ばれて知らされても、もう後戻りできずにいました。

ここが怪魔異生獣たちの共通した欠点でしたけど、能力的には立ち入ることのできない優れたものを持っていただけに惜しかったと思いますね。
フラーミグラーミ②






クライシス怪人第10号~ドグマログマ3

ドグマログマ②
「ドグマログマ」

仮面ライダーBlackや仮面ライダーBlackRXに出てきた化け物は、改造人間というより怪人という感じが強いです。
仮面ライダーBlackRXに登場したジャーク将軍率いるクライシス帝国の4大隊長には、怪魔界の感じを醸し出すそれこそ妖怪のようなものやロボットめいたものも登場しましたけど、主人公であった仮面ライダーBlackRXはコンセプトが改造人間であったこともあって、やっぱりどこかで改造人間というコンセプトが使われていました。
4大隊長のうち、ゲドリアン率いる怪魔異生獣は怪魔界の生物に改造手術を加え、知性と戦闘能力を与えたもので、変身・憑依・毒・物質操作等々の多彩な特殊能力を持っていましたね。
怪魔界とは太陽を挟んで地球の裏側に存在した特異な世界だったみたいですが、基本的には地球でいうところの人間が怪魔界にはいたものの、独特な環境により独特な生物がいたようです。
その怪魔異生獣の一匹がドグマログマでした。
決まった身体の形を持たない不定形生命体で、まるで化け物や妖怪の様でありましたけど、そう思われてしまうことを嫌うプライドが高い怪魔異生獣だったようです。
スライム状になったり発光したりして移動するドグマログマはまさしくグロテスクで、コンセプトはどうであれやっぱり怪人と持った方が良いようです。

不定形生命体でありながら噛みつき攻撃も行うドグマログマは、下部の巨大な口から吐き出す霧状の体液で、人クローン人間を作り出す能力があったことが最大の特徴でした。
こういうことでもない限りニセモノは作り出せそうもありませんが、仮面ライダーBlackRXに至るまでの仮面ライダーでもショッカーライダーやニセXライダー、ニセアマゾンライダーにニセスカイライダーと主人公であった仮面ライダーのニセモノがおおくありました。
能力は仮面ライダーと同等に加えて、怪人特有の能力を有したりしてましたけど、これって改造人間にはメカ的要素があったことの裏返しのようでしたね。
ドグマログマは怪魔異生獣ですから、メカ的要素というのではなく、怪魔界独特の生物が有していた独特の能力で作り上げたもので、それは外見的にすっかり似せることはできても性質までは同じにできず、そのため仮面ライダーBlackRXよりも周囲にいる人間のクローンを作り出すことで惑わす展開に出ていたのかもしれません。

でも、このドグマログマがゲドリアンの指示で繰り出したこの作戦自体は面白く、またドグマログマ自体がゆにーくであったためか、肝心の名前が覚えられず仕舞でした。
いわば不完全なクローン創出能力あったためか、キングストーンフラッシュですべて暴かれてしまったところで勝負ありでしたね。
ドグマログマ






クライシス怪人第9号~アッチペッチー3

アッチペッチー③
「アッチペッチー」

熱帯植物でありながら、割とポピュラーな植物サボテンは、時に犬や猫のようにペットとして扱われることがあるようです。
身近な植物ということになるのでしょうか。
植物がペットのような寄り添う存在とは、なかなか考えにくいところがあると思いますが、昭和の仮面ライダーシリーズでは植物型改造人間や怪人としては、よく出てきた方だと思いますね。
仮面ライダー2号が初めてまともに渡り合った改造人間もサボテグロンという改造人間でしたけど、そこから始まって、時には人間をサボテン化する怪人もいました。
仮面ライダーBlackRXでは、怪魔異生獣としてアッチペッチーが出てきました。
アッチペッチーはサボテン型異生獣ということでしたから、サボテンそのものが異生獣となったわけではないようですが、それでも地球におけるサボテンとはかなり違っていたようです。
植物が異常発達して人間を食べてしまうとは、それは怪人というより異星の怪獣のようで、アッチペッチーはまさしくそうした能力を有するクライシス帝国に存在するサボテンがモチーフの怪魔異生獣でした。

生きる植物、知性をゆする植物としてのクライシス帝国のサボテン、アッチペッチー。
サボテグロンのように純粋にサボテンの怪人とは考えない方がよかったみたいですね。
口に当たる部分から吐き出す触手状の鞭や、身体に生えた巨大なトゲをミサイルの様に飛ばしていく能力がありましたが、それはアッチペッチーに知性が備わっていないとできないモノのはずです。
知性があったから、ゲドリアンの命を受けてクライシス帝国の労働力であり、しかも食料となるべきサボテン人間を作り出そうとしていましたが、食料獲得も狙いであったところに物語のミソがありました。

ただ、アッチペッチーは完成体ではなく、そのために人間をサボテン人間に変えたとしてもすぐに戻ってしまうという落ちまでありましたが、これは高温多湿を好むクライシス帝国のサボテン怪人だったからのことでしょう。

まだ、クライシス帝国と地球の環境の違いをしっかり弁えて遣わされた怪魔異生獣というものではなかったよう
です。
アッチペッチー






プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ネオショッカー改造人間第18号~オオカミジン
  • ネオショッカー改造人間第18号~オオカミジン
  • ウルトラ怪獣第18号:ウルトラマンレオ~ボーズ星人
  • ウルトラ怪獣第18号:ウルトラマンレオ~ボーズ星人
  • ブラックサタン改造人間第18号~奇械人電気エイ
  • ブラックサタン改造人間第18号~奇械人電気エイ
  • ブラックサタン改造人間第18号~奇械人電気エイ
  • ウルトラ怪獣第18号:ウルトラマンタロウ~ケムジラ
  • ウルトラ怪獣第18号:ウルトラマンタロウ~ケムジラ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ