HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

決め技

スぺシュッシュラ光線~ウルトラマンゼアス4

スペシュッシュラ光線
スペシュッシュラ光線①
スペシュッシュラ光線②
「スぺシュッシュラ光線」

ウルトラマンゼアスは、ウルトラシリーズ初の「映画オリジナルウルトラマン」でしたね。
企業タイアップのウルトラマンとしても初で、従来の路線とはかなりかけ離れてコミカル路線を踏襲しながらも、そこかしこに往年のウルトラ戦士たちの要素を踏まえていたことで、笑いながらも見応えのあるウルトラマン映画となっていました。
1996年公開の映画でしたけど、同時上映が「甦れ!ウルトラマン」だったということもあって、初代ウルトラマンをリアルタイムで見ていた者はすっかり大人になって、親となってウルトラマンを見る視点が変わっていたことを思い出します。
自分はまだ子供が幼すぎて、ウルトラマンゼアスをリアルタイムで見ることは出来なかったものの、企業とのタイアップということもあってTVでよくその企業のCMを見、このウルトラマンは何だろうという具合に思っていましたね。
なんでも、Z95星雲ピカリの国出身のウルトラマンがウルトラマンゼアスということでしたけど、ウルトラ戦士特有の身体のデザインが銀色と赤色の配置が逆になっており、光の国ではなくピカリの国出身というところに映画に出演していた「とんねるず」のお笑いセンスが影響していたのかもしれません。
そういう影響が必殺技であったスペシウム光線と逆の腕の位置となっていたスぺシュッシュラ光線にもあったのかもしれません。

初代ウルトラマンとウルトラマンゼアスは遠縁にあたり、初代ウルトラマンのスペシウム光線に憧れまくったウルトラマンゼアスがその光線技を鏡を見て練習したことから構えが逆になってしまったということでした。
初代ウルトラマン以上に精神的なものが影響していたらしいスぺシュッシュラ光線。
当初は構えて光線を発しようとしても何処へ飛んでいくのか分からないようなユニークかつ破天荒な技だったように思います。
構えを取って発しようとすると、最初に赤い光線が発せられてレーザーサイトように敵を捕捉、それに沿って破壊光線が発射されるというものでしたけど、光線の成分自体がスペシウム光線とは異なるモノだったように思います。
出身地自体がM78星雲とは異なるわけですから、光の国の人工太陽の爆発の影響が超人ウルトラマンを生む要因となったことを思うと、ウルトラマンゼアスを生み出す要因はそれよりは薄かったような感じがします。
しかし、破壊光線として使われた光線技でしたから、もともとそういう成分が含まれ、後は練習あるのみだったんでしょうね。

ウルトラマンゼアスも超人であったことに変わりはなく、でも苦境を乗り切ってきた境地はウルトラ戦士に及ぶところではなかったんでしょう。
「心を鍛える」、それが全てであったことは人間と変わりなかったのかもしれません。
そういう意味では最も人間に近寄ったウルトラマンだったのかもしれません。
でも、笑うしかなかったですよ、ウルトラマンゼアスは。
その象徴がスぺシュッシュラ光線だったということです。
スペシュッシュラ光線③
スペシュッシュラ光線④

ウルトラマンゼアス 1&2 [DVD]

新品価格
¥6,000から
(2018/2/16 23:32時点)



ウルトラヒーローシリーズ26ウルトラマンゼアスNewパッケージ

新品価格
¥27,654から
(2018/2/16 23:32時点)





シネラマショット~帰ってきたウルトラマン4

シネラマショット①
「シネラマショット」

唯一にして決め技にならなかった技が、実は強力なものだったことがありました。
帰ってきたウルトrマンのシネラマショットがそれですね。
キングザウルスⅢ世との戦いの時、スペシウム光線、フォッグビームに続いて使用されましたけど、やはりキングザウルスⅢ世のバリアを破ることは出来ませんでした。
初めてリアルで見た時、この光線技は何だったのだろうという想いが湧きました。
ウルトラセブンを見てた時、ウルトラマンのようにスペシウム光線の使用は期待しなかったのは、その外見がウルトラマンとは明らかに異なっており、話が進むに従ってウルトラセブンはウルトラマンとは異なる正義の戦士という感じが強くなって独特なものとなっていたからですが、ここでいきなりスペシウム光線を使われてはウルトラセブンは姿こそ違えどウルトラマンの二番煎じという感じになってしまったのかもしれません。
帰ってきたうウルトラマンの設定そのものは初代ウルトラマンが地球に返ってくるというコンセプトで始まったのであって、そこにはウルトラセブンは絡んでいませんでしたから、まるでワイドショットのような構えであったシネラマショットには違和感が感じられました。
でも、ウルトラ兄弟というの後の設定の先駆けのようなとところが見られたのは、ウルトラセブンが客演してくることがあったことに起因している為、今考えるとシネラマショットもアリだったのかもしれません、

初代ウルトラマンも基本的にはスペシウム光線で倒せなかった相手もいたのですが、そこは戦い方次第と時に放つ新しい技で切り抜けていました。
帰ってきたウルトラマンの初期は何故か地球怪獣がほとんどであり、宇宙からやってくる怪獣してはベムスターが初めてだったと思いますけど、その存在はスペシウム光線で倒し切れず、ウルトラセブンから渡されたウルトラブレスレッドというアイテムで倒していきました。
このウルトラブレスレッドは様々な用途に変形してバリエーションを保ち、帰ってきたウルトラマンの代名詞のような技となってしまいましたから、これが出てしまってはシネラマショットを使う場面は演出できなかったのかもしれません。
同じような技には八つ裂き光技もありました。
それだけウルトラブレスレッドのイメージが見る側も作る側も強かったと言うことですし、スペシウム光線はこれがなければウルトラマンじゃないという技でもありましたから、ウルトラブレスレッド+スペシウム光線という構図があったのだと思われます。

何方かと言えばシネラマショットはウルトラセブン寄りの技だったということもあって二度と使われないようになってしまいましたけど、ウルトラセブンの時のワイドショットのように、最大の技で貴重だったと言うことが含められた使用シーンがあっても面白かったと思います。

ウルトラマンタロウの時にテンペラー星人出現の時に、シネラマショットは使われていたんじゃないかという話も耳にしますが、あれはスペシウム光線を意識し強力版じゃなかったのかと思ってます。
知る人ぞ知るよ技となってしまいましたけど、強力ならばそれなりの演出が見て見たかったですね。
シネラマショット②

エクスプラス 大怪獣シリーズ 帰ってきたウルトラマン (登場ポーズ)

新品価格
¥17,800から
(2018/2/10 22:05時点)






ライドルホイップ~仮面ライダーX5

ライドルホイップ③
「ライドルホイップ」

仮面ライダーXのベルトバックルには、風力エネルギーを取り入れる風車の動きと連動すかのようなツールであるライドルのグリップがついていました。
仮面ライダーXはそのベルトの風車から取り入れてエネルギー化した風力エネルギーとマスクから取り入れる太陽エネルギーがパーフェクターで融合したハイブリットエネルギーを全ての行動の源とする初のハイブリットライダーでもありました。
初の武器を手にする仮面ライダーでもありましたけど、そのハイブリットエネルギーを武器であるライドルに生かしたような演出が施されていたように思います。

ライドルはライドルスティックの時には強靭さを感じましたけど、ライドルホイップの時にはその強靭さと併せてしなやかさも感じました。
特殊合金と言えばいいのでしょうか、ライドル自体がそうした合金でできているものと思われますが、まるでフェンシングの剣のようなしなやかさを感じたライドルホイップは突きたてることによって効用を発揮するのと同時に切り裂く効果も見せていました。
日本刀の様ではありませんでしたし、見た目がフェンシングの剣の様ですから強靭さとしなやかさがないと切り裂く効果は出なかったでしょう。
仮面ライダーBlackRXのようなエネルギー剣でもありませんでしたから、ライドルホイップは深海での重圧に耐えうるハイブリットエネルギーを生かしたハイスチールという合金でできていた人工金属だったという感じがします。

エレクトリックパワーという高圧電流を流した技の使用や敵を切り裂く模様などは、ライドルホイップがまるで鞭のようにしなやかな動きをしていました。
突き立てる使用が最も効果の上がった使用法だと思いますが、まるで相反する金属のしなやかさと強靭さはこの時強靭でなければなりません。
ハイスチールという特殊合金は、その強靭さとしなやかさを併せ持っており、ここに仮面ライダー史上、初のハイブリットライダーがこれも初めて武器を手に持ったという仮面ライダーとしての新機軸が演出されました。
ライドルホイップ⑤
エネルギー的に仮面ライダーV3までに見られたのは風力エネルギーであったところ、仮面ライダーXは太陽エネルギーをも吸収して融合させる新しい局面を見せた仮面ライダーでした。
そのハイブリットさは、仮面ライダーXが出てきた時代にとってはそういう設定をもたらすための考えは出ると思いますが、演出するには時が速すぎたのかもしれません。
ライドルという武器の携帯はよくかん考えられ良い設定がなされていたと思います。
ライドルしティック使用時の棒術家のよう立ち回り、ライドルホイップ使用時の剣術家ような使い廻しはそれに見合った演出でしたけど、特にライドルホイップ使用時にはライドルホイップ自体がまだそれを使えるような耳朶になってない気もしました。

ただ、ここでハイブリットさを出さなかったら、仮面ライダーXの次の仮面ライダーは出てこなかったかもしれず、ひょっとすると仮面ライダーへの新たな想いが生み出せず、第1期仮面ライダーシリーズは仮面ライダーXで終わっていたかもしれません。
そんな具合で思うと、ライドルホイップは貴重な武器だったと思いますね。
ライドルホイップ②

RAH リアルアクションヒーローズ 220DX 仮面ライダーX 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥15,000から
(2018/2/9 23:00時点)





コアインパルス~ウルトラマンネクサス5

ウルトラマンネクサスは、昭和のウルトラマンの匂いを継承しつつ、全く新しい見栄えのするウルトラマンだったと思います。
深く追求しようとすれば一層深くなるほど、ウルトラマンネクサスの織りなした世界は深く広いのでしょうけど、キリが無くなるような気もしますね。
このウルトラマンは、画像や物語の設定、展開上、幼少の者を対象とせず、ある意味趣味の広がる世界をマニアックに作っていったところに面白さがあったように思います。
ウルトラマンネクサスは元はウルトラマン・ザ・ネクストから始まって、アンファンス形態を土台とし、ジュネッス、ジュネッスブルーと適合者によってその形態を変えていき、最終的には伝説上のウルトラマンノアまで昇華していったのですから、どの形態がどうのとかどの必殺技がどうのということは、ウルトラマンノアを除いて言えないのかもしれません。
しかし、ウルトラマンネクサスのどの形態での技も斬新的で見映えがし、至極強烈だったような印象を受けました。
昭和のウルトラマンを継承してたというのは、決め技のポーズが初代ウルトラマンやウルトラセブンのものと酷似していたことと、胸のエナジーコアに初代ウルトラマンのカラータイマーに相当するコアゲージが現れるところでした。
設定上、昭和のウルトラの世界の中心であった光の国を中心としながら、そこから果てのない裏宇宙まで進出し、伝説的存在のようになった物語の展開の終着点のようなところがウルトラマンネクサスの物語には散見され、ともすると昭和のウルトラの世界を盛大にひねった感じもするのですけど、元をただせば光の国に超人が現れた現象を基にしていたと思います。
だから、余計に面白かったというところですが、もうここまで来るとマニア向けですよね。
クロスレイシュトロームやオーバーレイシュトロームと言った決め技は初代ウルトラマンやウルトラセブンを継承してたようにも見えますけど、どこかそうしたところから昇華したことでウルトラマンネクサスの持っていたエネルギーの純度が思い切り高かったのではないかと感じました。
敵は悪魔そのものであり、その悪魔が闇を利用し、歪んだ人心をも利用したことで出現させたスペースビーストは、それだけ強力であったということで、対抗するには純度の高いエネルギーでなければならなかったというところでしょうか。
コアインパルス
コアインパルス①
コアインパルス②
コアインパルス③
コアインパルス④
コアインパルス⑤
昭和のウルトラマンではウルトラマンAにタイマーショットという決め技がありました。
カラータイマーから放たれる光線技ということは、それだけエネルギーを生み出す心臓に近い器官から発射されていたと言うことで、ひょっとしたらウルトラマンAの持っていた決め技の中では最も効果があった光線技だったのかもしれません。
そのカラータイマーに相当するコアケージを取り囲むエナジーコアから放たれていたウルトラマンネクサスの決め技がコアインパルスでした。
タイマーショット同様、ウルトラマンネクサスの心臓に直結していたと思われるエナジーコアから放たれていたわけですから、純度は思った以上に高かったと思います。
エナジーコア全体でコアインパルスは放たれていたのですが、このエナジーコアの中にコアゲージがあり、それがコアインパルスの核のようになっていたところから見ると、もの凄いエネルギー量でしかも純度が高かったと言えそうです。
このコアインパルスは2度しか使用されていません。
そういうところからして、ウルトラマンネクサスの全エネルギーのほとんどを消費してしまいそうな技でしたから、打ち損ないとか効果が上がらなかったということは許されず、その使用には慎重さが必要だったのかもしれません。

実に印象度の高い光線技でした。

ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス (ジュネッス)

新品価格
¥10,760から
(2018/1/7 22:06時点)



ウルトラヒーローシリーズ 17 ウルトラマンネクサス(アンファンス)

新品価格
¥30,942から
(2018/1/7 22:07時点)



ウルトラマンネクサス ウルトラ怪獣シリーズN 2 ガルベロス

新品価格
¥5,280から
(2018/1/7 22:08時点)


ロープアーム~ライダーマン4

ロープアーム
「ロープアーム」

大幹部ヨロイ元帥の暴挙、これはデストロン首領の意が伴ったものでしたけど、これにより逆さ刷りにされた結城丈二の右腕が硫酸のプールに入ってしまったことにより、右腕だけが改造されたライダーマンの誕生を呼び起こす結果となりました。
結城丈二率いるデストロン科学陣はアタッチメントの開発に成功しており、これを取り付けたわけですが、設定としてこのアタッチメントを装着すると言うことは身体全体のパワーバランスを取る為にも右腕以外の部分の改造を前提としてたものだったのかもしれません。
アタッチメントの開発、これは義手の強化版だったと思うんですけど、その多様化を図ろうとする証拠がアタッチメントの多様化が図られていたところに現れていました。
基本開発には成功していたものの、それは武器として使うことのみならず救助用としても考えられており、まだその性能の強化を図る余地は多分にあったと考えられます。

攻防両用のアタッチメントは、ロープアームが代表的でした。
ロープアームは先端が棘のついた鉄球になったスイングアーム、先端が鎌になっているカマアーム、ネット状に編まれたロープを発射し、相手の動きを止めたり、落下した人を救出する際に用いられたネットアームと多岐にわたりましたけど、基本的には鉤状の爪がついた特殊ロープを噴射し敵を絡め取ったり、離れた場所にロープを噴射することで先端の爪を引っかけることで自らがそのロープの伸縮で移動したり、上昇したりできたものが基本した。
ロープが収納されていると思われる瓢箪のようなところから外的に出ていた鉤爪の部分が太く、意外と丈夫なものだったためか、この姿で行っていた戦闘スタイルがラーダーマンの基本スタイルの様でした。
ロープアーム①
ライダーマンのアタッチメントは、義手であり脱着可能であったことから、基本的には身体に装着されているもので、それを強力な武器に置き換えようとしたものでしょうけど、これを通常のデストロン改造人間に装着させることが前提であり、アタッチメントの開発だけを推し進めていた結城丈二にはそれが分からなかったのかもしれません。
まさか自らが装着する運命にあったとは思いもよらなかったと見てますが、そうであればもっと強力で有効な武器になっていた可能性は高いですね。
身体に装着されている、或いは身体から離して使用しようとした武器で仮面ライダーが利用したものとしては、ライダーマンのアタッチメントはその先駆けではあったんでしょうけど、ライダーマンがある意味未完成の仮面ライダーであったように、アタッチメントも未完成品だったと思います。
未完成だからこそ、その汎用性が多岐にわたったロープアームにアタッチメントとしての第一の意味があったわけで、味わいを感じますね。
ロープアーム③

RAH リアルアクションヒーローズ DX ライダーマン (リニューアル版) 『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥17,500から
(2018/1/6 19:03時点)



S.H.Figuarts ライダーマン & ライダーマンマシンセット

新品価格
¥12,600から
(2018/1/6 19:05時点)





ブレージングウェーブ~ウルトラマンコスモス4

ブレージングウェーブ⑦
ブレージングウェーブ⑥
「ブレージングウェーブ 」

ウルトラマンコスモスは慈愛の戦士です。
興奮し暴れる怪獣を慈悲の気を持って懐柔し、大人しくさせるところに慈悲の気を感じるのですが、ウルトラマンコスモスはこれが基本でした。
ペンは剣よりも強しと言いますが、それも辺を持った人の気持ちに左右され、一概にそれとは言い切れません。
歪んだ気持ちは良いものではなく、その慣れの果てが戦争です。
しかし、強くあるべきペンでも救えない者は確かにあります。
巨悪というものがそうで、人間のみならず、慈愛の戦士であったウルトラマンコスモスでも救えない境地がありました。
絶対的な正義があるように絶対的な悪というのもあるようで、それをどうにかするには慈愛の心だけでは解決しないのかもしれません。
絶対的な悪などというものは考えたくないですけど、理解できない、いやその上を行ってしまう様な悪と思えばいいんでしょうか。
慈愛の心は失うことはありませんでしたけど、ウルトラマンコスモスは時に敢えて心を鬼にすることも弁えていたようです。
その姿がコロナモードだったんじゃないかと思いますね。

ウルトラマンコスモスは地球はもちろん、光の国の出身ではありません。
出身そのものは分かりませんけど、少なくともM78星雲の光の国のように他の悪意に満ちた者たちに常に狙われるような地域の出身ではなかったみたいですね。
それでも程度の差こそあれ、光の国の住人が超人に変わっていく要素の影響を受けていたからこその姿であり、やっぱりウルトラマンなんですよね。
慈愛心の程度の差で光の国のウルトラマン、光の国ではないところのウルトラマンコスモスという具合になるんじゃないのかなと思います。
そのウルトラマンコスモスが慈愛の心を留め置きながら、慈愛の心以上に敵を攻略するような攻める気を高めることでエネルギー主体となったのがネイバスター光線、エネルギーではなく極限まで攻める気を高めていって昇華させたのがブレージングウェーブ じゃないかと思います。
ウルトラマンコスモス・コロナモードの最強の技はネイバスター光線とされているようですが、光線の質によって評価が分かれるところなんじゃないかと思います。

ブレージングウェーブ は気を高めて昇華させポーズをとって構えていくところで発火し、敵を圧倒して消滅させるものですから、純粋な光線技というより圧殺波動と見た方が良いんでしょう。
気の集中は、エネルギー光球が出来て大きくなっていくところで高まり、強力波動を生み出す様子がよくわかります。
これも根本的には慈愛の心がなければ生み出されないものかもしれず、伸びしろの大きさというか無限の可能性のようなものを感じてしまうところがブレージングウェーブ の魅力だったのかもしれません。
ブレージングウェーブ
ブレージングウェーブ②
ブレージングウェーブ③
ブレージングウェーブ⑤

ウルトラマンコスモス ビッグサイズソフビフィギュア (コロナモード)

新品価格
¥8,880から
(2018/1/5 22:28時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥11,800から
(2018/1/5 22:28時点)



ウルトラマンコスモス 10周年DVDメモリアルBOX (期間限定生産)

新品価格
¥183,100から
(2018/1/5 22:29時点)


逆ダブルタイフーン~仮面ライダーV35

逆ダブルタイフーン
「逆ダブルタイフーン」

仮面ライダー1号も仮面ライダー2号もベルトのタイフーンが活動エネルギーを絶え間なく吸収する器官であり、またこのタイフーンの動きを阻止されてしまうことが弱点ともなっていました。
仮面ライダーV3は、このダブルライダーの真っ当な継承者でしたから、このタイフーンを2つ組み合わせたダブルタイフーンは、エネルギー吸収装置であると共に、タイフーンの一つでも動きを止められてしまうとパワーは大きく減退し、二つとも止められると動けなくなってしまう大きな弱点となっていました。
それは対イカファイヤー戦で知るところとなりましたが、単に止めると言うことだけでなく止め続けることが仮面ライダーV3阻止法になっていましたね。
このダブルタイフーンは、仮面ライダーV3の26の秘密の一つに数えられていましたが、先に帰したように仮面ライダーV3の活動エネルギーの源であって、また大きな弱手にもなり得る両刃の剣のようでした。
ダブルタイフーンのうち、右側の風車は仮面ライダー1号の技を、左側は仮面ライダー2号の力を示しているとされていました。
仮面ライダーとは言え、メカを内蔵した改造人間ですから、そうした身体に設置されていた器官だけを考えればそうした言い方もあったと思います。
しかし、その源はあくまで人間でしたから、そこには人間としての可能性を秘め、ここが改造人間であるのに進化できた大きな要素があったと思います。

ダブルライダーという呼称は単に仮面ライダーが二人そろえば、、、というものではありません。
仮面ライダーごとで特徴が大きく異なっているため、仮面ライダーが二人そろってもパワーそのものがうまく融合するケースは稀だったと思います。
仮面ライダー1号の人間体・本郷猛と仮面ライダー2号の人間体・一文字隼人は、仮面ライダーに改造される前から旧知の中であったと言うことは、一方がオートレーサーであり他方がカメラマンであったことに起因していたのかもしれません。
仮面ライダーに改造されてしまった後も、仮面ライダー1号から仮面ライダー2号への変遷は、ショッカーの科学陣の人体改造手術法がそれほど時が経っていなかったため進んでおらず、そのため同じようなスペックを持たさざるを得なかったことにつながっていきます。
しかも仮面ライダー1号も仮面ライダー2号も同じ秘密結社ショッカーによって生み出されてしまったと同時に、ショッカーという一つの組織は仮面ライダー1号と仮面ライダー2号の共通の敵になっていました。
ダブルライダーが遠く離れていても意思が通じ合える基本設定があり、お互いがお互いの意思と行動を把握できてショッカー、ゲルショッカーと長い時の中戦い続けていたことは、表現する言葉が見つからない位の性能が発揮され、その一つの象徴がライダーダブルキックであり、これは最早相性の良さを引き出したものと言わざるを得ません。
この相性の良さは旧知の間柄だったことが大きく影響してると思いますけど、これはダブルライダーは仮面ライダー二人分の力と性能というのではなく、それ以上のものがあったということは仮面ライダーとしての進化を伴ったものでした。
逆ダブルタイフーン⑤
こうしたダブルライダーのタイフーンを2つとも身に着けていた仮面ライダーV3は想定以上の性能が発揮される可能性があったわけで、歴代の仮面ライダーを見てみても上位にランクされるべき仮面ライダーでした。
ダブルタイフーンは先に両刃の剣と書きましたけど、このダブルタイフーンを大きく武器化したような大技が逆ダブルタイフーンでした。

風力エネルギーを吸収する時と逆にダブルタイフーンを回転させることで仮面ライダーV3の全エネルギーを放出させる逆ダブルタイフーンは、レッドランプパワー、レッドボーンパワーと並んで仮面ライダーV3のパワーを生み出す大きな3本柱の一つの逆バージョンでしたから、相当な威力があったはずで、軽く竜巻を引き起こしてしまうほどのものだったと思われます。
仮面ライダー1号と仮面ライダー2号が腕をクロスさせることで全エネルギーを全開し、そのパワーは磁力を帯びて敵を引き付けると同時にダブルライダーはその膨大なエネルギーを利用して飛行能力を得ていたことが、対カメバズーカ戦で披露されていました。
これはライダーダブルパワーと称しても良い位に無限の可能性がありそうな大技でしたけど、仮面ライダーV3の全エネルギーを放出した逆ダブルタイフーンはそのライダーダブルパワーに引けを取らない位の大技だったと思います。

使用時の衝撃が強過ぎて3時間は変身不能になってしまうという、これまた弱点がありましたけど、これがあったために使用頻度も少なかったのでしょうね。
逆ダブルタイフーン①
逆ダブルタイフーン②
逆ダブルタイフーン③
逆ダブルタイフーン④

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーV3 (リニューアル版) 『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥17,500から
(2018/1/3 19:55時点)



R014 被れる光る11 仮面ライダーV3 完成品 マスク コスプレ

新品価格
¥25,000から
(2018/1/3 19:55時点)


Bandai Tamashii Nations仮面ライダーv3?s.h. Figuarts Toy Figure [ Parallel import goods ]

新品価格
¥42,259から
(2018/1/3 19:57時点)


t=1ZQYLC+4V1GMQ+249K+BWGDT" alt="">

ワイドショット~ウルトラセブン5

ワイドショット②
「ワイドショット」

初代ウルトラマンから始まったウルトラHEROIは、2作目がウルトラセブンでした。
この頃はまだ、ウルトラ兄弟という設定はなかったものの、怪獣がTVに出てくるものとしてウルトラQ,初代ウルトラマン、そしてキャプテンウルトラに続くものでしたけど、この頃は特に怪獣への興味が強く、侵略宇宙人と言われても何が何だか分からない頃でした。
とにかくウルトラHEROの戦いが見たい、そんな一心で見ていたような気がします。
初代ウルトラマンが怪獣を倒す必殺技としてスペシウム光線がありましたけど、こういう必殺技に狂喜していた頃ですね。
ウルトラセブンには怪獣よりもそんな侵略宇宙人が数多く登場し、中には外見上怪獣のような宇宙人も出てきてました。
怪獣から侵略宇宙人へと倒すべき相手は推移してましたけど、それは怪獣が持っていたような能力というより、様々な手段で地球を侵略しようとするものが宇宙人であって、それは怪獣よりも人間に近いような感じがするという点で、視点が変えられたような気がします。
そしてそんな宇宙人を倒すには、より知恵と能力が必要ということで、ウルトラセブンには初代ウルトラマンが放っていたスペシウム光線のようにこれが最大の得意な技が絞られると言うことが避けられていたような感じもしました。
だから、アイ・スラッガーやエメリウム光線を見た時はいい意味で驚き、ウルトラセブン委はこうした技以外にもっともっと技があるのだろうという気分になりました。
ただ、必殺技が多様化すると焦点ボケを起こしかねないというキライはあったように思います。
ウルトラセブンが最初に放った必殺技はアイ・スラッガーでしたけど、極端な話、アイ・スラッガーはウルトラセブンの突起した身体の器官を取り外して敵に投げつけることで切断してしまう技であり、次に放たれたのがエメリウム光線でしたけど、これはビームランプから放たれる光線技だったためか光線量が絞られてしまい、初代ウルトラマンのスペシウム光線を見慣れた者にとってはどこか物足りなさはあったと思います。
〇〇+イウムというネーミングが踏襲されたエメリウム光線に見られるように、ウルトラセブンはシリーズものという意識はなかったにせよ、初代ウルトラマンが視聴率的にも大成功をおさめ、人気が出たが故に政策が追いつかなかったところを踏まえて、ウルトラセブンにもどこか初代ウルトラマンの設定を意識したモノがあったと思います。
それがウルトラセブン3大技の最後に出てきたワイドショットでした。
スペシウム光線が両手をクロスさせることで表現したように、ワイドショットは両腕でL字型を構成した子の必殺技は、後のウルトラ戦士の必殺光線のモデルになっていましたね。
スペシウム光線に比べると、身体側に引付け気味の位置から放たれていたワイドショットは、光線量が多めになっていたこともあって強力さが増していたような気分にさせられていました。
ワイドショット
ウルトラセブン第13話に登場したあい路セス星人との戦いにおいて初披露されたのが、このワイドショットでした。
アイ・スラッガーも跳ね返され、エメリウム光線も弾かれたアイロス星人戦は、意を決したようにワイドショットの発射ポーズをとるウルトラセブンの姿には、慎重さを感じましたけど、これってウルトラセブンの全エネルギーを集中させるためとワイドショット使用後は活動エネルギーがほとんど残らないことを意識して、ワイドショットを必ず決めるためにわずかな隙でも見逃さない姿勢が見て取れました。
ウルトラセブンの持つ必殺技でも最強の部類に入るワイドショットは、必ず敵を仕留めないといけなかった背景を持ち、それは恒点観測員だったウルトラセブンが戦士としての意識変換をしなければいけなかった技でもありました。

その為に威力調節が可能であったことは、対ユートム戦で明らかなとおりであり、絶対にワイドショットで倒さなければいけなかったことは使用頻度の低さで証明されています。
侵略宇宙人の乗った円盤に使用頻度が高かったのは、それを撃墜させれば宇宙人そのものを根絶やしにさせることができる狙いもあったのでしょう。
逆にその使用にしくじった例が、ガッツ星人戦でした。

特にウルトラセブンに初代ウルトラマンを求めていたわけではないでしょうけど、見る者の視覚に訴え出るには光線技が良かったわけで、それがこれだけ使用状況が絞られると強力さがにじみ出てくる効果もありました。

当初、ワイドショットはネーミングされておらず、ウルトラビームとはこのワイドショットを指していたようです。
ディファレーター光線がウルトラセブンの体内でエメリウムエネルギーに転化され、そのまま使われたのがエメリウム光線だったのに対し、ディファレーター光線への純度が高かったのがワイドショットだったと思いますね。
ワイドショット④
ワイドショット⑤

CCP 1/6特撮シリーズ ウルトラセブン(ワイドショット2.0Ver)

新品価格
¥16,200から
(2018/1/3 00:43時点)



ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥49,800から
(2018/1/3 00:45時点)



ギガンティックシリーズ ウルトラセブン 全高約500mm PVC製 塗装済み完成品 フィギュア

新品価格
¥24,400から
(2018/1/3 00:46時点)


ライダーキック~仮面ライダー旧2号5

ライダーキック(旧2号)⑤
「ライダーキック」

仮面ライダーは、後に仮面ライダー旧2号の登場によって物語が始まったと思ってます。
主演男優の負傷により、急な登場となった仮面ライダー旧2号は様々な新機軸を打ち立ててくれました。
能動的ポーズによる変身、クラッシャー部分が明るい銀色になり、体側にも太い1本の銀色の線が入り、、、と設定が変わったことにより、仮面ライダーの存在自体がダークなホラー色が漂うものからカラっと明るくユニークな要素が盛り込まれたものとなりました。
多分、仮面ライダー旧1号だけで物語を推し進めていこうとしたら、後に続くシリーズとはならなかったはずです。
仮面ライダー旧1号はスポーツ万能の天才科学者が変身したものでしたから、ショッカーに支配された改造人間を倒していった技も、キックが基本でありながら他にもバリエーションを盛り込んでいたため、これが絶対の代名詞である決め技ということでのライダーキックとはなっていませんでした。
これが陽気なカメラマンであり、武闘に長ける者が変身したのが仮面ライダー旧2号ということもあってか、こういっては何ですが愚直に繰り返された決め技がライダーキックでした。

初代ウルトラマンの決め技であったスペシウム光線と並んで、特撮HEROの決め技と称されたのがこのライダーキックでしたが、映像的にもショッキングであったスペシウム光線であったのに対し、体技であるライダーキックには繰り返し打ち込むシーンと力強さを感じるものでなければならなかったと思います。
仮面ライダー2号は後に力の仮面ライダーとされていましたが、武闘家であった仮面ライダー2号は武闘と言っても柔道と空手に肝を置いていたわけですから、投げる、打ち込むという意味では正に打ってつけだったのかもしれません。

仮面ライダー旧1号と比較しても仮面ライダー旧2号は上半身の人工筋肉の筋肉量が多い新型改造人間であったこともあって特に腕力に優れた仮面ライダーだったわけですが、改造されたとは言え、身体は頭部と上半身、そして下半身のバランスが取れていなければならず、増強された上半身を支える下半身はそれに応えるように強力なものでなければならなかったわけですから、当時としては新型の仮面ライダーであった仮面ライダー旧2号の脚力は相当な破壊力を生むものだったことは想像に難くありません。
当初、戦闘経験の少なかったことが影響して、力一杯身体を伸ばしたライダージャンプから空中前方回転を経てキックを決め込もうとする時、うまくパワーポイントが集中できずにいたところもありましたけれど、戦況を読む能力とセンスに奏でた仮面ライダー旧2号はすぐに自分の技に昇華させていったと思います。

この時のこの技がなければ、やっぱり仮面ライダーも後に続かなかったと思います。
そういう意味でも、至高の決め技であったのがこの時のライダーキックだったと思いますね。
ライダーキック(旧2号)⑰
ライダーキック(旧2号)⑱
ライダーキック(旧2号)⑲
ライダーキック(旧2号)⑳
ライダーキック(旧2号)㉑

RMW 仮面ライダー旧2号 1/2マスク

新品価格
¥69,999から
(2017/12/30 19:17時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー旧2号 Ver.2.0 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥16,000から
(2017/12/30 19:19時点)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧2号&サイクロン号(改造Ver.)セット 約140mm&約180mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥5,180から
(2017/12/30 19:19時点)


フォトンエッジ~ウルトラマンガイア5

フォトンエッジ⑥
「フォトンエッジ」

面白かったのは、平成という時代に入ってから登場したウルトラマンって、頭部が削れてるんですよね。
昭和の時代には考えられなかったこのデザインは、相当に斬新なものでした。
特に意味はなかったみたいですけど、とある話ではウルトラマンのデザインって観音菩薩から来てるというものもあったらしく、主人公であったウルトラマンの特に頭部を削ってデザインしてしまうなんて、恐れ多くて考えられなかったことかもしれません。
これが時代の変異なんですよね。
平成に入って初めて登場したウルトラマンであったウルトラマンティガ、そしてウルトラマンダイナ、それを推し進めて本格的に設定したのがウルトラマンガイアだったという感じがします。
人の希望の光を光量子物理学の理屈に置き換えた様な設定は、理屈が多かったウルトラマンガイアという物語を納得させるものだったような気がします。

ウルトラマンガイアの頭部の削れた部分は金色に輝いているように見えますけど、この部分って太陽光線を吸収する部分だったかもしれません。
外的光量子エネルギーであった太陽光線は、そこから吸収され、ウルトラマンガイアの体内にあった光量子エネルギーと融合、それは従来ウルトラ戦士のエネリギーの源と考えられていたディファレーター光線よりも純度が高かったかもしれません。
基本的に昭和のウルトラマンと平成のウルトラマンって別物ですけど、結び付けるものがあるとすれば光というキーがそれであり、それは外因的なものと理性ある生き物の心因的なものがあってそれがここで結びついていたような感じもしました。
その融合した光はウルトラマンガイアの活動エネルギーであり、武器として使うことでまた別の意味が出てきます。
その代表的な武器がフォトンエッジでした。

これはショッキングな技でしたね。
従来のウルトラマンは基本的に決め技とした光線技を使おうとすると、両腕をクロスしたりL字型に構えて、そこに独自のエネルギーを集中させることで発火させていました。
ウルトラマンの決め技とはそう言うものだと思っていたところ、削れて金色っぽいウルトラマンガイアの頭部にエネルギーが集約されて放たれた光線技のような光は、まさしき刃でした。
きっと、このフォトンエッジという技は光線技ではなく、純度の高い光そのものをエネルギーに転化して放たれたものでしょう。

光量子という物理的に考えられた光をエネルギーとし、それを溜めて頭から鞭のようにしならせて放たれた光の刃というのがフォトンエッジであり、それならば切るのかなと思うところ、エネルギー刃ですから破壊力が高いものでした。
ウルトラ戦士の頭部から放たれる技にはウルトラセブンのアイ・スラッガーが代表的ですけど、これも身体の器官が脱着可能であり、そこをうまく利用した決め技でした。
ウルトラ戦士の頭部からの技は光線技とは一線を画した方が印象的になってました。
フォトンエッジ⑦
フォトンエッジ⑧
フォトンエッジ⑨
フォトンエッジ⑩
フォトンエッジ⑪

ウルトラマンガイア Complete Blu-ray BOX

新品価格
¥37,551から
(2017/12/29 22:57時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンガイア (V2)

新品価格
¥9,050から
(2017/12/29 22:59時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンガイア&XIGファイターセット

新品価格
¥12,460から
(2017/12/29 22:59時点)



プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第7号:ウルトラマンレオ~ケンドロス
  • ウルトラ怪獣第7号:ウルトラマンレオ~ケンドロス
  • ウルトラ怪獣第7号:ウルトラマンレオ~ケンドロス
  • 財団改造兵士:真・仮面ライダー~豪島
  • 財団改造兵士:真・仮面ライダー~豪島
  • スぺシュッシュラ光線~ウルトラマンゼアス
  • スぺシュッシュラ光線~ウルトラマンゼアス
  • スぺシュッシュラ光線~ウルトラマンゼアス
  • スぺシュッシュラ光線~ウルトラマンゼアス
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ