HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

漫画

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

仮面ライダーSpirits~魔宮・救出・征服5

仮面ライダーSPIRITS~魔宮・救出・征服②
「仮面ライダーSpirits~魔宮・救出・征服」

仮面ライダーXは敵の手に落ちてしまいいました。
生きてさえいれば、仮面ライダーはほかの仮面ライダーを意識できる、そんなところから仮面ライダーX以外の仮面ライダーが救出を試みようと大洋上に集結したようです。
仮面ライダー1号、仮面ライダー2号が先陣を切り、後に分りましたが同時に仮面ライダーアマゾンが敵に乗り込んだようです。
乗り込んだところはバダンが構築したピラミッドのようで、実はサザングロスの中でした。
そのサザングロスの中で、バダン大首領の復活に努めていたのは暗闇大使であり、そこをサポートしていたのは倒されたはずのタイガーロイドでしたね。
このサザングロス内で、様々な実験を強いられていた科学者が、同じ場でありながら壁を隔てて仮面ライダーと存在したことが後に物語に影響を与えていくところなどは、この作品の面白みの一つです。
この科学者たちはバダンが何を狙い、どうして存在していたのかが分かっていたらしい上に、非常にハイレベルな科学者たちでした。
その一つがサザングロスは生きる要塞であったこと。
更に、暗闇大使の復活は大変な時間をかけた復元力によるもので、その力は過去の組織の倒されたはずの改造人間を蘇らせるものであり、それは暗闇大使の能力の一つであったこと。
それはシオマネキングやモスキラスの復活に現れており、そして仮面ライダーXはその暗闇大使の種子を埋め込まれて暗黒の仮面ライダーになってしまい、暗闇大使の意のままに復活させられていました。
つらかったでしょうね、それを知ってその種子を仮面ライダーXの体内からジャガーショックでもぎ取るのは。
でもそこまでしないと、本当の意味で仮面ライダーXの復活はあり得ませんでした。
仮面ライダーSPIRITS~魔宮・救出・征服
仮面ライダーSPIRITS~魔宮・救出・征服④
仮面ライダーXが仮面ライダーアマゾンによって救い出され、復活してしまった地獄大使の指令により島根キングとモスキラスの攻勢にサザングロス内で追い込まれていた仮面ライダー1号と仮面ライダー2号は、ライダー反転ダブルキックで窮地を逃れていました。
更にサザングロスの位置を察知したほかの仮面ライダーたちにより、脱出に成功していましたけど、この危機においてバダンが日本において大首領の復活を図っていたことで、仮面ライダー全てが日本に向かうことになります。
仮面ライダーSPIRITS~魔宮・救出・征服③
この時点で大きかったのは地獄大使の復活でした。
銀のドクロが回収修復させられていたことは、その銀のドクロによって復活させられたもののみ、以前の魂とともに復活してましたけど、これはアマテラス復活の時まで影響していましたね。
完全な身体での復活ではないものの、地獄大使の復活は暗闇大使が実は神の能力を与えられて復活していたことの証でした。
それが時空魔法陣だったわけです。
これがないと大首領の復活はあり得ず、この時点で地獄大使の復活と時空魔法陣の発揮は殊更、後に影響していました。
仮面ライダーSPIRITS~魔宮・救出・征服①






仮面ライダーSpirits~決別・嘘・復讐4

仮面ライダーSPIRITS~決別・嘘・復讐
「仮面ライダーSpirits~決別・嘘・復讐」

ZXに記憶が戻って仮面ライダーになり始めたと思ったら、仮面ライダーXが追っていた銀のドクロの謎はバダンにとって大きな中核をなすものだったようで、一旦は仮面ライダーXのXキックによってバラロイドごと破壊されましたが、その残骸の収拾についてはタイガーロイドごとバダンの動きがありました。
タイガーロイドはリニューアルされていたようで気配を消していたことから、その砲撃は仮面ライダーXの左腕をもぎ取り、ライドルホイップによる逆襲むなしく、仮面ライダーXは囚われの身となって、ここタイガーロイドと仮面ライダーXとの因縁が生まれることになり、物語上後々響いていきます。
ここにポイントを置きながら、話は仮面ライダーZXが記憶を取り戻したものの、その後の行動は、、、というところに話の焦点が置かれました。

改造人間という視点から仮面ライダーを見れば、改造手術を受けてしまったのは不遇であり、使命感に気づくには時間がかかります。
そういう境遇に犠牲がついていることで、仮面ライダーのほとんどがまず復讐心に燃えますね。
仮面ライダーV3もそうだし、ライダーマンは自らを復讐の鬼と言っていた位ですから。
仮面ライダーZXは自らが望まない改造と実の姉が犠牲になってしまった不遇が重なっていました。
倒すべきはバダン。
それが分かっていながらもそれは復讐心に燃えてのことでした。
仮面ライダーZXの戦いぶりを見て仮面ライダーV3はそこを見抜いていたものの、復讐心に燃えての向こう側にある守る心に気づかないうちは仲間に入れることができないということを言いたかったのでしょう。
歴戦の戦士は、長い時の経過で原点を忘れることもあるらしく、仮面ライダーV3は自分も最初の頃はそうだったことと、そこに気づくまでは時間を要することが抜けていました。
守ろうという使命感が強すぎたということなんでしょうけど、滝に
「村雨だって、お前らだって人間だろうが。疑っている間は、敵を見抜けるかもしれん。信じてみなきゃ「仲間」は見つかんねえだろ。」
という言葉は、そこに改めて気づかされる大きな言葉でした。
仮面ライダーSPIRITS~決別・嘘・復讐①
改造人間にさせられた心情って、きっと抑えられないものがあるんでしょう。
でもここを乗り越えないとバダンを倒すということなどできないはずで、そこを取り繕う姿には嘘がありました。ヤマアラシロイドが現れても仮面ライダーZXの行動は復讐心そのもので、滝のセリフに気づかされた仮面ライダーV3は、自らの忍耐によって仮面ライダーZXにそれを気遣させようとした行動をとりました。
きっと、ヤマアラシロイドの行動はそうしたことを裏付けるものとなったんでしょうね。
 
でも自らの忍耐を行動に切り替え、復讐心でのみ行動していた仮面ライダーZXのZXキックとV3キックの打ち合いは見応えたっぷりでした。
そしてヤマアラシロイドの攻撃を退けた仮面ライダースーパー1の「守る心は復讐の力などに敗れたりしない」というセリフも名台詞でした。
仮面ライダーSPIRITS~決別・嘘・復讐②

仮面ライダーSPIRITS~決別・嘘・復讐③






仮面ライダーSpirits~JUDO・覚醒4

仮面ライダーSPIRITS~JUDO・覚醒②



























「仮面ライダーSpirits~JUDO・覚醒」

ZXが仮面ライダーZXになり始めるとき、それは記憶が大きなカギでした。
ジゴクロイドとカマキロイドが合体して、その攻撃を防ぎきれなかった時、その攻撃によって意識を失いました。
その間隙を縫うように、バダン大首領であったJUDOが宿ろうとしたZXのボディに、一時的ではあったものの、JUDOが隔世から抜け出したようにZXのボディにその意識が宿りました。
でも、そのJUDOの背後にピッタリついていたのが静香の意識であり、バダンの犠牲になったことを意識していた静香の意識でした。
神のようなJUDOの意識と、それが宿ろうとして作られた肉体には相当の圧力がかかるところ、そのシンクロ率を相当上げたのが静香という存在でしたから、JUDOの行おうとしたことを未然に防ごうとしたのがこの時の行動でした。
意識だけがある静香は、JUDOの意識と同じ次元に存在だったと思われ、それでいて記憶だけが取り出されてしまった良のことを見つめていたように思います。

一時、JUDOの意思がZXのボディに移った時、ZXのボディが肉体修復能力が作用して稼働しかけた時、静香はその意思だけが動き始めました。
ある意味、この時良の記憶が戻せるチャンスであり、これを静香が見逃していなかったということになりますね。
バダン科学陣がZXのボディを作り出した時、記憶を抜き出す作業はこの世の生体改造技術手術とは思えないほどの圧倒的なレベルの技術であったと思われますが、それをつぶさに見ていなければ出来なかった動きでした。
後にアマテラスへとなっていくこの意思力はJUDOの従者とは言え、まさしく神のレベルと同等であり、だからこそメモリーキューブをZXのベルトに埋め込む指示が出せたのだと思います。
この時の模様は、まさしく神がかりであり、でもZXが仮面ライダーZXになりかけ始めていた需要なシーンでした。
仮面ライダーSPIRITS~JUDO・覚醒③
この重要な場面で、やっと仲間になろうという仮面ライダーV3、ライダーマン、仮面ライダースーパー1が登場し、その目の前でZXが自我意識を取り戻していくという展開になっていきました。
ジゴクロイドとカマキロイド、カニロイドは暗闇大使から生まれたという背景はこの直後に分っていきますが、それは暗闇大使どころかJUDOの意思とは無関係な行動であったところに、一つのポイントがあったようです。
確かに強敵であり、自我意識のないZXで対抗するには限界を感じざるを得ない展開は、ZXが自我意識を取り戻し、他の仮面ライダーのような存在になり始めていくきっかけを作っていたように感じました。

メモリーキューブの埋め込みによってZXが仮面ライダーとなり始めたことは、物語の最後まで影響していた、そういうことですね。
仮面ライダーSPIRITS~JUDO・覚醒①





仮面ライダーSpirits~彷徨の雷鳴5

仮面ライダーSPIRITS~彷徨の雷鳴
























「彷徨の雷鳴」

仮面ライダー1号、2号、V3、X、そしてアマゾンに作戦をつぶされてきたBADANは、作戦をつぶしてきた存在が仮面ライダーであり、当初は歯牙にもかけていなかった存在にここまで邪魔をされたことで、仮面ライダーの存在を意識せざるを得ない状況となり、その居所を掴もうとした行動に出てきました。
まずは仮面ライダー1号から仮面ライダーストロンガーまで、仮面ライダーにとって大きな存在となっていた立花藤兵衛の存在を知るに至り、近づこうとしてきました。
派遣されたのは、改造前の三影英介。
滝と同じ組織にいて、滝が立花藤兵衛に会いに行くことを掴んだBADANは三影に同行させることで、日本に向かいました。
そこで仮面ライダーストロンガーに会うこととなります。
この三影の行動とは別に、BADANは故・岬ユリ子の墓を知り、この時点では記憶を奪い去られたこの物語の主人公であったムラサメが、コマンダーとして7体も配下を率いて、その墓で仮面ライダーストロンガーの破壊を目視て、潜んでいました。
コマンダーであったムラサメは、とてつもない戦力を有し、仮面ライダーストロンガーの人間体で放ったエレクトロファイヤーを浴びて、全身黒ずくめのコマンダーとしての姿を現しました。
コマンダームラサメの配下の者たちは、多くお犠牲を払った上での選ばれた者たちだったわけですが、能力、俊敏力等戦力において仮面ライダーストロンガーと同等。
しかし、仮面ライダーストロンガーと同等の能力を持った者が7対もいたのでは不利に働きそうなところ、仮面ライダーストロンガーはチャージアップストロンガーとなり、1体を超電ドリルキックで葬り去り、圧倒的に高い戦力となったと見るや、コマンダームラサメは背後に回り、チャージアップストロンガーの攻撃を仕掛けられる前に、瞬時に攻め、間を取る為にジャンプしたチャージアップストロンガーに間を与えず、一旦は退けました。
思うにコマンダームラサメとチャージアップストロンガーの能力は同等でありながら、相手に間を取らせない攻撃がストロンガーを圧倒してしまったと思われます。
仮面ライダーSPIRITS~彷徨の雷鳴①
仮面ライダーSPIRITS~彷徨の雷鳴②
傷だらけになりながらも仮面ライダーストロンガーは立ち上がります。
再度変身を遂げた姿は、見るも無残。
そこにコマンダームラサメのマイクロチェーンが突き刺さり、より仮面ライダーストロンガーにとって状況は不利になっていきました。
ただ、仮面ライダーストロンガーはコマンダームラサメと異なり、背負ったが違うという決定的な差がありました。
苦戦を強いられ、再改造前は戦力的にも圧倒的に劣った局面を戦い抜いてきたのは正義の使者たる仮面ライダーとしての心得の弁えがそうさせたのですが、そこに長く歴代の仮面ライダーの戦いを見守ってきた立花藤兵衛の想い、それに志半ばで自らの命と引き換えに改造魔人ドクターケイトを葬り去った電波人間タックルの生き様を背負って戦士となり得た仮面ライダーストロンガーは、どんなに相手が上であろうと負けるはずのない仮面ライダーになっていたかと思います。
特に相棒だった電波人間タックルの決死の闘い様は、仮面ライダーストロンガーの戦士としての心得として大きな支えになっていたかと思います。
だからコマンダームラサメをはじめとしたコマンダー部隊を葬り去るのに、「超電ウルトラサイクロン」という超必殺技が使えたのでしょう。
これはいい意味で衝撃的でもありました。

コマンダームラサメは、瀕死の三影によって脳だけ救い出され、この後記憶を奪われた状態のBADAN戦士ZXとして再登場を図りますが、この時の仮面ライダーストロンガーとの戦いがもtらしたものは後に大きく効いてくることになります。
仮面ライダーSPIRITS~彷徨の雷鳴③

[まとめ買い] 仮面ライダーSPIRITS(月刊少年マガジンコミックス)

新品価格
¥8,640から
(2017/11/5 19:41時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーストロンガー (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥13,880から
(2017/11/5 19:43時点)



HHCB 仮面ライダーストロンガー & タックル

新品価格
¥8,800から
(2017/11/5 19:44時点)


仮面ライダーSpirits~摩天楼の疾風5

仮面ライダーSPIRITS~摩天楼の疾風
「摩天楼の疾風」

もう、長きにわたって連載されている仮面ライダーSpirits。
連載されていた月刊誌が変わってしまったこともあって、今は新・仮面ライダーSpiritsとなっていますが、面白さは変わりません。
仮面ライダーZXが主人公ながら、それまでの9人もの仮面ライダーも作者の独自の解釈を織り込みながら見事に描かれており、実写版では描き切れなかったところと描くことが出来なかったところも見事に表現されています。
その上、昔懐かしの部分をきちんと押さえながら、今現在のエッセンスも絡みあって、読みごたえがあります。
仮面ライダーZXは10人目の仮面ライダーですから、前史というか、その前に9人の仮面ライダーが織りなした歴史があります。
その1ページ目が仮面ライダー1号だったわけです。

仮面ライダー1号、仮面ライダー2号がショッカー・ゲルショッカーを壊滅に追い込み、ダブルライダーの相棒だった滝和也がニューヨークに帰還してからのところから「摩天楼の疾風」は始まりました。
あの時から何年経ったのだろう、、、そんな思いがこの物語にはありました。
暗黒結社をダブルライダーと共に葬るという大功労者でありながら、舞台裏に追いやれてしまった滝は、その地位に甘んじていたわけではないでしょうけど、無理に理解を求めていたわけではなく、伝説となってしまいそうな自らの道のりを彼なりに伝えていこうとしていたように見えました。
伝説となってしまいそうな要素の中には悪の秘密結社のことまで蓋がされそうになっていましたけど、それは人間が犯してしまった過ちも一つの要因でありながら、それを隠そうとした愚行にも似ていました。
けれど、光が続くように闇の存在も時の経過の中で、その姿を変えて噴出しようとしていましたね。
後に現れてくるバダンがそれですけど、その前史のようなところが大コウモリ怪人を通して描かれていました。
漫画ならではの演出の仕方でしたけど、闇夜が最も似合った改造人間・蝙蝠男がその主なモチーフであったことは、昭和の仮面ライダーを見ていた者だったら分かることでもありました。
ニューヨークのスラム街が舞台となったこともあって、この大コウモリ怪人には吸血鬼にも似た暗闇怪人のような匂いがしました。
怪人・改造人間は時に人間の姿であるものの、人間の力など全く寄せ付けない能力を持っていたわけですから、「摩天楼の疾風」で描かれた大コウモリ怪人は実によく表現されていたと言ってもいいでしょう。
そして、仮面ライダーの最大の相棒であった滝も、仮面ライダーのことを思いやりながら自らの手で事件解決を図ろうとし、またもや戦いの中に飛び込んでいこうとしたのは、滝ならではの展開でもありました。
窮地に追い込まれた滝の前に現れたHERO、それが仮面ライダー1号であったわけです。
仮面ライダーSPIRITS~摩天楼の疾風①
長い時の中で何をしていたのか、知る由もなかった仮面ライダー1号。
でも、その感覚はさらに研ぎ澄まされて滝の目の前に姿を現していました。
信じる者は救われる、ということだけでは足りないと思わせた仮面ライダー1号の口からは、滝に向けて滝が救われるような名セリフが飛び出しました。
「今夜は俺とお前でダブルライダーだからな。」

大コウモリ怪人の翼攻撃をかわして、放たれたライダーキックの前には大コウモリ怪人がバダン怪人に準じた存在とは思えないほどの強力さがありましたが、これも仮面ライダー1号の進化の具合だったかもしれません。
戦闘感覚はさらに研ぎ澄まされ、ニューヨーク摩天楼の中でサイクロンを駆り、戦う仮面ライダー1号はまさしく疾風のようでした。
最後の仕上げとして放たれた電光ライダーキックは、滝の意地と相まって最高の演出でしたし、昭和の仮面ライダー好きならば、唸るようなシーンでもありました。
大コウモリ怪人が倒されたこと自体は当然でしたけど、ここから仮面ライダーSpiritsの物語が始まっていきます。
その最初の演出としてはこれ以上ない物だったと思いますし、これが無かったらこの漫画をここまで読んでいなかったかもしれません。
仮面ライダーSPIRITS~摩天楼の疾風②
仮面ライダーSPIRITS~摩天楼の疾風③

仮面ライダーSPIRITS画集『改造人間』

新品価格
¥6,800から
(2017/8/5 23:46時点)



仮面ライダーSPIRITS超絶黙示録 (KCデラックス)

新品価格
¥4,942から
(2017/8/5 23:47時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダー新1号&新サイクロン号 セット

新品価格
¥7,998から
(2017/8/5 23:49時点)


プロフィール

モンライダー











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンコスモス~インキュラス
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンコスモス~インキュラス
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンガイア~アネモス
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンガイア~アネモス
  • クライシス怪人第9号~アッチペッチー
  • クライシス怪人第9号~アッチペッチー
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンダイナ~ギャビッシュ
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンダイナ~ギャビッシュ
  • ゴルゴム怪人第9号~ハチ怪人
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ