獣人ヤマアラシ②
「獣人ヤマアラシ」

歴代の暗黒組織における改造人間で、ヤマアラシをモチーフとした改造人間には強者が多かったyという感じがします。
ハリネズミもそうですけど、強者といったらヤマアラシという感じですかね。
そんなにモチーフになっていなかったからかもしれませんけど、ヤマアラシを改造人間のモチーフとするには難しかったのかもしれません。
歴代の暗黒組織は表面的にデルザー軍団の大首領で一旦区切りを迎えていましたが、その流れはバダンまで続いていました。
人の心の闇に巣食うものは暗黒組織の根っこのようなもので、バダンまではそれが続いていたように思います。
そこに至るまで時間が過ぎていったわけですから、それに比例するように暗黒組織と言えど、科学力は高まります。
そうした先にあったのがバダンであり、バダンにもヤマアラシロイドがいました。
ここにおいてもヤマアラシを十分に利用とかモチーフに出来ていたわけではありませんが、ヤマアラシ特有の長く強固なハリが武器であり、それが全てでした。
全てだからこそ、この強固で長いハリがとんでもなく避けようのない武器となっていました。
仮面ライダーアマゾンに出てきた獣人ヤマアラシもそれと同様だったと思います。
獣人は人知れず暗闇で長いこと生きてきた部分もありますから、獣性、そう野生みたいなものが顕著な改造人間だったと思います。
獣人ヤマアラシは、性格的に凶暴でもあったんでしょうね。
鋼鉄よりも強固なハリということでしたけど、その凶暴さは仮面ライダーアマゾンに変身する暇を与えないような攻撃と防ぎようのない武器の応酬につながっていたようにも思えました。

獣人ヤマアラシがこの凶暴さと強烈な武器であったハリによる攻撃に終始していたのなら、展開的に危うかったかもしれません。
どうしてもこうしたハリを武器として使う改造人間は、背中と頭部だけにハリの生える範囲が限定されてしまい、それ以外のところが盲点になったりします。
そのためなのか獣人ヤマアラシは身体を丸めて弾丸のような攻撃能力も持っていました。
しかし、アルマジロでもあるまいし、その攻撃は盲点を隠すだけの行為であって武器になりずらいものだったようにも思えました。
獣人ヤマアラシの攻撃で、仮面ライダーアマゾンに変身する前に少なくとも致命傷を与えるまで至らなかったのですから、野性味そのものの仮面ライダーアマゾン自体に適わなかったのは仕方のないことだったのかもしれません。
獣人でありながら、もう少し知略を使えるような知性を持ち合わせていたのなら、ヤマアラシロイドにも勝るとも劣らない改造人間であったかもしれません。

それにしても、この獣人ヤマアラシが登場した物語は、処刑されかかったモグラ獣人と仮面ライダーアマゾンとの絡みに重い気が置かれるようなことになってしまい、獣人ヤマアラシが目立たなかったのは惜しい気もしました。
獣人ヤマアラシ
獣人ヤマアラシ⑤

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾン

新品価格
¥7,998から
(2017/12/12 22:19時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーアマゾン 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥14,000から
(2017/12/12 22:20時点)



S.I.C.クラシックス2007 仮面ライダーアマゾン&ジャングラー

新品価格
¥8,260から
(2017/12/12 22:20時点)