HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

豪島

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

豪島(ごうじま)~仮面ライダー真3

豪島
「豪島(ごうじま)」

仮面ライダーは生体改造を施された改造人間としてスタートしました。
あくまで生体改造ということで、そこに動植物の特徴を植え込み、改造人間として演出するところは仮面ライダーも敵改造人間も同じでした。
仮面ライダー2号の登場で、社会的な変身ブームを巻き起こし、仮面ライダーもシリーズものとなって幾多の作品が作られましたね。
気が付けば、仮面ライダーが誕生して20年目。
20周年記念として企画されたのが真・仮面ライダーでした。
仮面ライダーはその第1期でも原点回帰が図られています。
第1期では仮面ライダーアマゾンがそうでしたし、第2期ではスカイライダー、第3期では仮面ライダーBkack がそうでした。
どれも仮面ライダー1号への回帰が図られていたところ、仮面ライダーBkack に至っては仮面ライダー0号を目指すとされていました。
真・仮面ライダーも仮面ライダー生誕20周年としてまたもや原点回帰が図られたようですが、それまでの生体改造の果ての改造人間というのではなく、バイオ技術でバッタの遺伝子を注入された「改造兵士」というアプローチでした。

改造兵士にはレベルが3段階あったようです。
遺伝子情報を人体に埋め込み、ロボット工学の技術でメカを持ち込むことがレベル2だったようですが、真・仮面ライダーはこのレベルにあったようです。
敵の腹心、豪島も同じレベルだったようですが、純粋に遺伝子研究がなされたうえでの結果として生体兵士となった真・仮面ライダーに対し、財団というよくわからない組織の中で邪な思いの下で生まれてしまったのが豪島でした。
豪島①
普段は気味が悪く、体力にあふれた人間のようですが、気が高まり戦いの時は人工皮膚の下に隠された不気味な金属製のボディを露わししていました。
これが遺伝子情報を埋め込んだバイオ技術のなすところの変身だったのでしょう。

あからさまな武器は右腕の鋏のようでしたけど、それよりも邪な心と金属製のボディ露出したことで明らかになった体力と剛力でしょう。
バイオ技術によって遺伝子が人工的に人体に組み込まれ、しかもメカが導入されることでもたらされる体力や力といったものは、生身の普通の人間には想像できない、いわゆる怪人であり、まさしくそれは平気でした。
その発端に邪な考えがあったことで、至極暴力的になってしまったのが豪島であり、金属が皮膚となっていたこともあって防御的にもまさしく怪人でした。

真・仮面ライダーとは最終的にのハイバイブネイルで首を脊髄ごと抜き取られたものの、頭部と脊椎のみの状態でも意識を失ってはおらず、頭の中に隠された自爆システムを発動させ、脊椎を絡ませることでの自爆を試みようとしたところを見ると、この豪島を倒すことは破壊し尽くすこと以外何もないということなんでしょうね。
多分、豪島には死を恐れる気がどこにあるのかわからず、行動自体、そのポイントとなるものが身体のいくつかのところにあるということなのかもしれません。
動きはどこかに人間の陽であるところ、結局はメカに支配されていた生命体ということだったのかもしれず、これが真・仮面ライダーを企画した人が原点回帰を目指した一つの結論かと思うと、それは大きな間違いだったと思いますね。
豪島②



仮面ライダー:真・ZO・J Blu-ray BOX

新品価格
¥12,289から
(2019/7/13 22:50時点)


財団改造兵士:真・仮面ライダー~豪島3

豪島⑤
「豪島」

仮面ライダーは改造人間であるというところから始まった世界には、様々な暗黒秘密結社が出てきました。
秘密結社ごとに作り出される改造人間の形態が異なっており、それは発展的に変わっていったのかというとそれだけではなく、コンセプトが微妙に変わっていたという印象です。
それは時として改造人間ではなく、怪人となってしまうこともありましたし、宇宙から飛来した者もありました。
でも、昭和の仮面ライダーの魅力の一つに共通していたのは敵も正義のHEROも改造人間であったという点でした。
その改造人間というのは仮面ライダーが始まって間もない頃、生体兵器ではないのかという疑問にも似た感じがありました。
どの仮面ライダーを見てもいつも付き纏っていた生体兵器という感じは、その言葉の中に兵器という者が入っていたからこその抵抗感だったのかもしれません。
リアルタイムで見ていた時、仮面ライダーは大人向きのものでありませんでしたからこの抵抗感は薄れたのではなく隠れてしまったということで、それでよかった思います。
しかし、時を経て時代が進化していくと、こういう改造人間というモチーフを大人の視点からとらえたらどうなるのかということが描かれるのは時間の問題だったのでしょう。
そこで登場したのが「真・仮面ライダー」でした。

「真・仮面ライダー」そのものも生体兵器であり、敵組織であった「財団」の作り出していたのも生体兵器でした。
ここに改造人間=生体兵器ということがひょうげんされることになりましたけど、そこには遺伝子工学とロボット工学という科学力が導入されていました。
いわゆる改造兵器レベル2というのに、豪島が相当していたようです。
遺伝子操作レベルで強化された人体にメカ(機械)を持ち込んで更に強化したものらしいですね。
豪島は「財団」首謀者のボディガードをしていた時は、迫力があり威圧感と不気味さが同居していた人間の姿でした。
それが姿を現すと、皮膚に隠れていた筋肉がむき出し状態でそれを支える骨とメカ部分が顕著となり、末恐ろしい感じのものでした。
常人の力と能力など、モノともしない怪力と強力さは、その無表情感と相まって前面に怖さが出ていました。
通常兵器やロケットランチャーすら問題としないこの豪島の身体は、これでレベル2なのかと思わせました。
しかもその能には、機密保持のため生命活動が一旦停止し、一定の時間が経過すると作動する爆弾が組み込まれており、敵と共に自爆させる能力があったらしく、真・仮面ライダーもその犠牲になるところでした。

この豪島は、財団の首謀者の意思と連動していたらしく、その首謀者が真・仮面ライダーによって惨殺されると突如として滅茶苦茶な行動に出ていたのは支持者が不在になってしまったことによる混乱であり、それはメカに強化を頼っていた部分と、まだ発展途上の生体兵器だったことの現れだったのかもしれません。

しかし、改造人間として始まったコンセプトを生体兵器に解釈するには時代が速すぎたのかもしれません。
想いはその境地に辿りついていても、表現技量が追いついていなかったというのが正直な印象でした。
以前、子供の頃に夢中になってみていた仮面ライダーという物語が、こういう解釈もできるのかという意味では大きかったかもしれません。
でも、表現使用がもっとクリアであって欲しかったのは言うまでもないことです。
target="_blank">豪島

真・仮面ライダー 序章 S.I.C. 仮面ライダーシン

新品価格
¥5,750から
(2018/2/18 00:02時点)





プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ウルトラ怪獣第17号:初代ウルトラマン~ぺスター
  • ウルトラ怪獣第17号:初代ウルトラマン~ぺスター
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ