電気ストリーム⑥
電気ストリーム⑦
「電気ストリーム」

仮面ライダーストロンガーは電気改造人間です。
だから電気をエネルギーとし、電気を武器として利用していました。
体内に強力な高性能発電装置を備え、コイル状に形成された高圧電流が流れる両手・コイルアームは右手がプラス電極、左手がマイナス電極であり、これを交差して接触させることで体内の発電装置を作動させ、それは変身時の大量の電気エネルギーを生み、時として武器としていたわけですが、代表例はエレクトロファイヤーだったのでしょう。
エレクトロファイヤーは決め技にはなりませんでしたが、体内の高性能発電装置で生み出された電気エネルギーをそのまま地や物体を通して伝染させる技でしたから、見た目よりも効果的にインパクトがなかったのかもしれません。
様々な伝染方法はあるのでしょうけど、迸る電気エネリギーを最大限に拡散させるのは水でした。
だから電気ストリームは、当初、コイルアームを擦り合わせて作り出した電気エネルギーを、導電体であった水に放出することで離れた敵に流しこんでいた技でした。
多分、電気エネルギーを放出する、或いは流し込む技としては最強の技だったと思うんですけど、これは水中に電気を流し込むことで広い範囲で電気エネルギーを拡散し、それは敵にとって逃げ場がないこととなることから想定以上の効果を発揮していたものと思います。
そしてその効果が出る範囲は一極型ではなく広範囲に及んでいたことから、この電気ストリームを浴びたものは後からも亡くなっていたものとなっていました。
奇械人ワニーダが川の中に身を潜めた時に電気ストリームを使用した時は、何と川の水を蒸発させていましたけど、これは使い方がまだ浅く、何故か奇械人ワニーダを仕留めるまでには至っていませんでした。
電気ストリーム⑧
電気ストリーム⑨
空気中にも電気を帯びた分子は存在してるわけですから、仮面ライダーストロンガーが生み出した電気エネリギーを空気中に伝染させれば、更なる効果が期待できます。
これは戦い続ける経験の中で、それがベースとなって強化できた技だったんじゃないかとも思います。
電気ストリームは後に水で拡散させなくても使われることがあったわけですから、空気伝染効果に気が付いていったと言うことになると思いますが、それは戦う中での経験の中で得たものだったのではないかということです。

仮面ライダーSpiritsの中で、再生したドクターケイトを仕留めそうになったとき、ケイトから発散しそうになった猛毒をこの技で防ぎ切るというシーンがありました。
これって、チャージアップ前の姿での使用でしたから、その使い方が最適で仮面ライダーストロンガーの通常形態では最高の技だったんじゃないかと思いますね。
電気ストリーム⑩
電気ストリーム⑪

RAH リアルアクションヒーローズ 220 DX 仮面ライダーストロンガー 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥10,290から
(2018/2/23 22:24時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーストロンガー (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥17,800から
(2018/2/23 22:24時点)